2014年01月28日

演奏会のごあんない

 
昨夏、親子コンサートでご一緒した港北区民交響楽団と再び共演します。
 
ロマンティストで感情の起伏の激しかったシューマンの遺した、最も人間くさい作品のひとつといって良いであろう交響曲第2番。
そして弱冠17歳、ビゼーがパリ音楽院の学生だった頃に書かれた、若さと才気に溢れた交響曲。
今回は、これら2曲の「ハ長調交響曲」を演奏いたします。
 
 
§港北区民交響楽団 第54回定期演奏会
 
日時…2014年5月18日(日)14時(予定)開演
会場…港北公会堂
曲目…シューマン/交響曲第2番ハ長調、ビゼー/交響曲ハ長調、ブラームス/大学祝典序曲
出演…港北区民交響楽団、小澤和也(指揮)


 
みなさま、どうぞお運びください。

posted by 小澤和也 at 18:44| Comment(0) | 演奏会情報

2014年01月25日

「フルトヴェングラーの第九」考

 
1月25日。
ドイツの大指揮者フルトヴェングラーの誕生日(1886年生)に際し、久しぶりにじっくりと彼のディスクを聴く。
 
取り出したのはこれ。
§ベートーヴェン/交響曲第9番
1954.8.22. ルツェルン音楽祭でのライヴ
 
亡くなる3ヶ月前の録音である。
…ということで、とかく『最晩年の淡々とした境地』『衰えからくる弛緩』『枯れた演奏』などと強調されることが多いのだが、僕は必ずしもそうは思わない。
 
第1楽章冒頭こそやや手探りの出だしにも聞こえるが、ほどなくして堂々たるベートーヴェンが姿を現す。
オーケストラはフィルハーモニア管(ロンドン)だが、マエストロの意向に沿った重心の低いサウンドを奏でていると思う。
 
参考までに、これまた名演との誉れ高い1951.7.29.の演奏(いわゆるバイロイトの第九)との演奏時間の比較をしてみたい。
第1楽章…17'41"(B)/17'45"(L)
第2楽章…11'53"/11'50"
第3楽章…19'28"/19'27"
第4楽章…24'51"/25'06"
合計……  73'53"/74'08"
第4楽章以外では両者にほとんど差がないことがわかる。
 
ライヴのフルトヴェングラーといえば、テンポの大きな揺れがトレードマークのように語られるが、この演奏ではそれが慎重に制御されている。
「遅くする」方への変化はこれまで通りなのだが、いわゆるアッチェレランドは実に客観的・理知的なのだ。
これは僕の勝手な想像だが…
もしもフルトヴェングラーがセッション録音でこの交響曲を遺していたならば、この「ルツェルンの第九」のような演奏になったのではないだろうか。
 
第2楽章スケルツォの激しい推進力(それでいて抜群の安定感!)、
そして第3楽章アダージョでは限りない安らぎと張り詰めた集中力との奇跡的な共存が見事である。
 
「ルツェルンの第九」は何といっても録音が良い。
(僕が聴いているのは仏Tahra盤である)
音がいいから、想像で補う必要がない。
だから楽に聴ける。
その恩恵を最も感じ取れるのが第4楽章だ。
冒頭の低弦によるレチタティーヴォ、「歓喜の主題」のピアニッシモ、そして鮮明なコーラス…
すべてが美しい。
あとはもう、どこまでがフルトヴェングラーでどこからがベートーヴェンなのか、そんなことがどうでもよくなるような感動的な音楽だけが流れてゆく。
 
ほとんど考えると同時に書いていたので、脈略のない文章になってしまった。
レトルトカレーの昔のCMではないが、
「バイロイトもいいけどルツェルンもね!」
と言いたかったワケである。
ここに書けなかったことも含め、敬愛するフルトヴェングラーの音楽について考えるよい時間となった。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
posted by 小澤和也 at 23:36| Comment(2) | 日記

2014年01月21日

マエストロ・アバド、安らかに

 
イタリアのマエストロ、クラウディオ・アバドが亡くなった。
享年80歳。
 
ミラノ・スカラ座、ウィーン国立歌劇場などのオペラハウス、さらにロンドン響やベルリンpoといった数々の名門オケのポストに就いた彼の輝かしいキャリアについては周知の通りである。
 
正直に告白してしまうと、僕はアバドの演奏のよき聴き手ではなかった。
彼の充実期に録られたモーツァルトやベートーヴェン、ブラームス等に、僕は今ひとつのめり込めなかったのである。
(これが僕の好みと感性の問題であることはいうまでもない)
 
そんな思いもあって、結局彼の実演に触れる機会はなかった…いま考えると痛恨事であるが。
それに近い体験といえば、2011年8月に東京国際フォーラムで観たライヴ・ビューイングくらいであろうか。
「東日本への贈りもの」と題された特別演奏会のようなものだったと記憶する。
そこでアバドはルツェルン祝祭管とともに、マーラーの第10交響曲〜第1楽章を演奏した。
優しく愛撫するような、たおやかなアダージョであった。
 
そんな僕の乏しいアバド体験の中で、思い出に残るディスクは…
マーラー/第4交響曲(ウィーンpo)
ベルリオーズ/幻想交響曲(シカゴ響)
ヴェルディ/マクベス&シモン・ボッカネグラ(スカラ座)
ベルク/ヴォツェック(ウィーンpo)
ペルゴレージ/スタバト・マーテル(ロンドン響)
シューベルト/ロザムンデ(ヨーロッパ室内管)etc.
 
アバドは何といっても「カンタービレ」のマエストロであった。
楽員、そして世界中のファンに愛され、カラヤン、バーンスタインらの次の時代を飾ったアバド。
(偶然だが、生年も没年もカラヤンの25年後、ということになった!)
病を克服してからのより深みを増した音楽には鬼気迫るものがあった。
 
 
マエストロ・アバド、R.I.P.
 
 
posted by 小澤和也 at 23:49| Comment(0) | 日記

2014年01月17日

拙訳 ラシーヌの雅歌

 
フォーレ作曲、
"Cantique de Jean Racine"。
(ラシーヌの雅歌)
 
思うところあり、ここに訳詞を試みる。
心より愛するこの小品に寄せて。
 
その精神世界に
少しでも近づいてゆけるよう。
 
 
§  ラシーヌの雅歌
 
み言葉よ  あまねく照らす
天地(あめつち)  永遠の望み
夜の静寂(しじま)  我らの声に
眼差し  注ぎたまえ
 
恵みの  焔まき放ちて
苦しみ  み声もて消したまえ
わが微睡(まどろみ)  取り去りたまえ
み心  違えぬよう
 
おお  クリスト  今ここに  主を寿ぎて
集いし  まことの民
永久(とこしえ)なる  栄えを称う
褒めうた  聞きたまえ
 
み前に  捧ぐしらべ
 
 
posted by 小澤和也 at 23:37| Comment(0) | 日記

2014年01月11日

地元飲み

 
今日はオフ。
地元の図書館で調べものなどしたあと、以前からちょっと気になっていたベルギービールの飲めるお店へ。
 
 
まずは定番CHIMAYから。
レッドをオーダーしたのだけれど、マスターが一緒に持ってきてくださった「ゴールド」に目が留まる。
赤・青・白は知っていたが金は初体験。
度数4.8%と軽め…
一杯目にはいいかも。
 
客は僕一人。
気さくなマスターと延々お喋り。
世界各地のビールとウィスキーに精通していらっしゃる方のようだった。
 
 
続いてDuvel。
これも見たことのない「トリプル・ホップ」。
せっかくなのでいただいてみる。
苦くて美味しい。
 
今度は仕事帰りに寄ってみようか。
 
 
posted by 小澤和也 at 22:00| Comment(0) | 日記