2014年02月27日

今日は大ホールで

立川市民オペラ公演
「アイーダ」合唱立ち稽古、
今日は大ホールのステージにて。
 
 
今回のリニューアルで、主に客席スペースが綺麗に!
 
第1幕、傷ついた使者の登場。
 
ラダメスに軍旗を託すアムネリス。
 
休憩時間。
ちょうど見学にみえていたオーケストラのハープ奏者さんに、美しい竪琴の構え方を教わるアムネリスの侍女たち。
 
第2幕、凱旋の場面…王の入場。
 
実際のステージで、本番で用いる小道具類を携えての練習。
自ずと熱気を帯びてくる。
本番まであと半月!
 
posted by 小澤和也 at 23:59| Comment(0) | 日記

2014年02月23日

プロポーションのビゼー、サウンドのシューマン

 
港北区民交響楽団とのプローべへ。
(22日、港北公会堂)
 
まずはビゼー/交響曲から。
「各々の音の形をモーツァルトやハイドンを奏でるときのようにイメージして」と伝えたら、スケルツォと終楽章のプロポーションが格段に良くなった。
1855年、17歳のビゼーが書いたこの作品、色彩の豊かさやカンタービレの点ではもちろんロマン派的であるが、全体の構図は古典派音楽に近い気がする。
 
後半はシューマン/第2交響曲。
久しぶりにフィナーレ&第3楽章を聴く。
バート練習や分奏の効果だろうか、作品に対する苦手意識(あるいは食わず嫌い的よそよそしさとでも言おうか)がかなり改善された様子。
余裕のある楽段ではしっかりとシューマンの響きがした。
 
これは直感だけれど…
シューマンの交響曲、サウンド的にはこのオーケストラに合っていると思うな。
もっとも、創りあげていくうえでの手間と根気は必要だが。
 
本番は5月、ここからが楽しみだ。
posted by 小澤和也 at 00:11| Comment(0) | 日記

2014年02月19日

バンダの楽譜

 
来月の「アイーダ」で用いるバンダの楽譜(パート譜)をこしらえた。
今回の編成はオリジナルより小さいため、足りない音をあれこれやり繰りして再構成。
ついでにミスプリを直したり練習記号(A, B, C...)を書き加える。
 
バンダ【banda 伊】は直訳すれば楽団、バンドということだが、オペラにおいてはピット内のオーケストラと別に舞台袖などで演奏をする「別動隊」を指す。
演出上の、また音楽的にもいわば「取っておき」の存在ゆえ出番はあまり多くなく、楽譜にもバンダならではの表記が幾つか見られる。
 
 
『160小節休み』
まあこの程度ならオーケストラの楽譜にもしばしば現れるか。
 
 
『呼ばれるまで休み』
プレイヤーにとってはありがたい指示ではないだろうか。
 
そして…
 
 
『残りは休み』
(=この先はもう出番なし)
はいお疲れさまでした、となる。
 
それでもバンダはオペラに無くてはならない存在だ。
 
「アイーダ」では第2幕、第4幕でバンダが大活躍します。
会場ではぜひ、バンダのサウンドにも耳を傾けていただければと思います。
 
 
§立川市民オペラ公演
ヴェルディ「アイーダ」
2014年3月15日(土)、16日(日)
@たましんRISURUホール
 
 
 
posted by 小澤和也 at 01:53| Comment(4) | 日記

2014年02月14日

シューマンを辿る(5)

 
§ピアノ四重奏曲変ホ長調 op47
 
1842年10〜11月、前作のピアノ五重奏曲の完成からほとんど間を置かずに作曲。
この頃のシューマンの旺盛な創作力には、ただただ驚嘆するばかりだ。
 
これまでに書かれた室内楽曲と同様、全4楽章からなる。
第1楽章が、冒頭に象徴的な音型(モットー)をもつソナタ形式であること、また終楽章では対位法的要素を積極的に用いるなど、五重奏曲との構成上の共通点も多い。
一方で、第2楽章は終始不安の影を帯びたようなスケルツォ、第3楽章はひたすらに美しい旋律が展開されるアンダンテというふうに、前作と絶妙な対比をなしているのだ。
 
この四重奏曲もチャームポイントに溢れている。
例えば、冒頭楽章の序奏部で示されるモットー音型[g-f-g-as、階名で歌えばミ-レ-ミ-ファ]がアレグロの第一主題となって現れる瞬間には爽やかな朝の空気のようなものを感じる。
また第3楽章のテーマはいかにもシューマンらしいロマンティックなものであるし、さらにはその結びに次の楽章の主題の萌芽(階名でソ-ド-ラ、とV字を描く音型)が暗示される部分なども、心憎いほどの創意に溢れている。
 
そして今回スコアを読み、いくつかの盤で何度か繰り返して聴くうちにふと気付いたこと。
それは、作品のそこここに散りばめられている「ベートーヴェンへの思い」である。
まず、第1楽章の静かな冒頭はあたかもベートーヴェンの後期弦楽四重奏曲の奥深いたたずまいを思わせる。
(僕が特にイメージするのは、同じ調性で書かれたop127だ)
そして呈示部が終わろうとするとき、ふっと気配が変わり冒頭の序奏が回帰する…
この瞬間が『悲愴ソナタ』の同じ楽章を連想させるのだ。
 
さらに第3楽章、先に述べた「ソ-ド-ラ」の音型のあと、天に昇ってゆくような16分音符の音型がヴァイオリン、ヴィオラとピアノで奏されるのだが、僕にはこれが『荘厳ミサ』の「クレード」のエンディングと重なって聞こえる。
そして終楽章…
シューマンのこのポリフォニー、モーツァルト「ジュピター」のフィナーレのそれに例えられることが多いのだが、僕にはそれと同じくらいに『ハンマークラヴィーア・ソナタ』の痕跡を感じるのだ!
 
これらはすべて、僕の思い込みかもしれない。
でも…
この頃のシューマンの頭の中には、偉大なバッハ、そしてベートーヴェンの姿が大写しにされていたに違いない、そう思えてならないのである。
posted by 小澤和也 at 22:51| Comment(0) | 音楽雑記帳

2014年02月13日

佳境のアイーダ

立川市民オペラ「アイーダ」、
公演まであと4週間あまり。
合唱団、ここまでまずまず順調に仕上がっている。
 
オーケストラ(立川管弦楽団)と合同での音楽稽古。
(2/2および2/9)
気合の入るソプラノ。
 
マエストロを待つ演奏者たち。
 
今回も、助演の皆さんが多数参加してくださる。
(第2幕、戦利品を携えての凱旋行進のシーン(2/6))
 
こちらは今日の稽古前の準備風景。
演出助手・岡田先生の指示のもと、合唱団員が床にテープを貼って山台や階段などを擬似再現しているところ。
(この作業が毎回必要なのだ)
 
立川の皆さんの「チームプレイ」をじわじわと感じるこの一週間であった。
 
公演は3月15&16日、
たましんRISURUホールにて。
みなさまどうぞお運びください。
 
 
 
posted by 小澤和也 at 23:48| Comment(0) | 日記