2014年03月31日

区民響とのシューマン

 
港北区民響とのプローべへ。
(29日、横浜ラポール)
この日はシューマン/第2交響曲をじっくりと手掛ける。
 
ここ数週間のうちに、メンバー(特に弦楽セクション)の皆さんの元に「何か」が降りてきたような、そんな感触を覚えた。
いつものホームグラウンド(港北公会堂)よりも互いを聴き合いやすい会場だったからだろうか、これまで以上に密なアンサンブルを作ることができたのが収穫だ。
この手応えを忘れずにいたいな。
 
余談であるが…
演奏会チラシに使われたこの絵画、とても綺麗。
B.ベロット作『アウグストゥス橋、エルベ川右岸から見たドレスデン』(1748)。
実際、この角度からの眺望はとても素晴らしいものだったそうだ。
 
シューマン夫妻がこの都市に居を構え、第2交響曲を書いたのはそのおよそ100年後。
この美しい風景、彼の目にはどのように映っていただろうか。
 
 
 
posted by 小澤和也 at 10:56| Comment(0) | 日記

2014年03月25日

盛会御礼

 

立川市民オペラ『アイーダ』、
おかげさまで二日間の公演を盛会のうちに終えることができました。
 
その二日目(3/16)、
発声練習直後の合唱団控室にてサプライズが。
偶然にもこの日お誕生日の田中大揮さん(Bass)に、ケーキとHappy Birthday Song♪のプレゼント!
 
本番を控え、雰囲気ははや最高潮に!
 
そして開演。
 
 
安定感抜群のソリストはもちろんのこと、管弦楽・合唱とも突き抜けたような集中力を発揮。
 
第2幕終了後のカーテンコール…
私も出させていただきました。
 
合唱団に向けて、多くの方々からお褒めのお言葉を頂戴しました。
合唱指揮者として、これまでの密やかな努力が報われる瞬間でありました。
 
レセプション風景。
 
 
演出・直井研二先生。
 
ラダメス(15日出演)・上本訓久さん。
 
アムネリス(16日出演)・森山京子さん。
 
アモナズロ(15日出演)・牧野正人さん。
 
ランフィス(16日出演)・長谷川顯さん。
 
お運びくださったみなさま、改めましてほんとうにありがとうございます。
そして、
今回の公演に関わってくださった全てのみなさまに…感謝!
 
 
posted by 小澤和也 at 01:49| Comment(2) | 日記

2014年03月20日

演奏会のごあんない

これから出演するコンサートのお知らせです。
 
 
§港北区民交響楽団 第54回定期演奏会
 
日時…2014年5月18日(日) 14時開演
会場…港北公会堂
曲目…シューマン/交響曲第2番ハ長調、ビゼー/交響曲ハ長調、ブラームス/大学祝典序曲
出演…小澤和也(指揮)
 

§東京農工大学グリークラブ 第34回演奏会

日時…2014年7月6日(日) 15時開演
会場…府中グリーンプラザ けやきホール(全席自由、入場無料)
曲目…信長貴富/男声合唱のための「カウボーイ・ポップ」、多田武彦/男声合唱組曲「柳河風俗詩」他
出演…小澤和也(指揮)、宮代佐和子(ピアノ)他
 

§ 前橋・市民オペラ合唱団 第2回公演「仮面舞踏会」

日時…2014年7月20日(日) 午後開演
会場…前橋市民文化会館 小ホール
曲目…ヴェルディ/仮面舞踏会 全3幕
出演…小澤和也(指揮)、日隈典子(アメーリア)、山田精一(リッカルド)、大川博(レナート)、他

 
みなさま、どうぞお運びください。

posted by 小澤和也 at 22:16| Comment(4) | 演奏会情報

2014年03月18日

"アムネリスの主題" 雑考

立川の公演が無事終わって2日経つが、僕の中にはまだAidaの余韻が残り香のようにただよっているようだ。
ふと気付くとあちらこちらのメロディを口ずさんでいる。
 
さて…
ヴェルディは様々な人物に、それぞれ魅力的なライトモティーフ(示導動機)を与えた。
とりわけ僕の心を打つのが「アムネリスの愛の主題」である。
 
この旋律が最初に登場するのは第1幕第1場、ラダメスとの二重唱のシーン。
王女らしい威厳を帯びた、中低弦とホルン・ファゴットによるノーブルな伴奏音型を伴って、ヴァイオリンによって柔らかく歌われる。
 
次いで、第2幕第2場、戦いで勝利をおさめ帰還したラダメスにアムネリスが花冠を差し出す場面。
同じくヴァイオリンの旋律に、光の筋のようなフルートの和音、美しい刺繍の文様のようなクラリネットの三連符が絡む。
 
そして…
第4幕冒頭、祖国への裏切りの罪で投獄されたラダメスを想うアムネリス。
三たびヴァイオリンで主題が歌われるが、一切の輝きは姿を消し(管楽器は用いられない)、あるのは重く、鈍く揺れ動く低弦の単調なリズムのみ。
 
あの高貴なメロディが、ここではなんと哀しく、切なく響くことか…
主旋律はすべて同じ楽器、しかも同じ調性でありながら(アイーダの愛の主題は登場のたびに楽器も調性も変わる)、絶妙のオーケストレーションによって絶頂から絶望のどん底までを表現したヴェルディの恐るべき手腕!
 
〜愛している、
私はあの人を今でも愛している…
絶望的な、無分別な愛、
私の人生を破滅させるこの愛〜
 
今回僕はこの場面を、ゲネプロからずっと舞台下手袖で聴いた。
アムネリスが絞り出すような声でこう歌うとき、あまりの凄絶さに毎回鳥肌が立つ思いだったのだ。
 
 
 
 
posted by 小澤和也 at 23:51| Comment(0) | 日記

2014年03月16日

いよいよ本番

 
立川市民オペラ公演2014
ヴェルディ「アイーダ」、
盛会のうちに初日が終了。
 
タイトルロール庄さん、ラダメス上本さん素晴らしかった。
合唱団、素晴らしい集中力!
 
そして今日、公演二日目。
音楽稽古をスタートして丸一年、合唱団にとっての集大成のときである。
これまで培ってきたすべてを出し切れますように。
 
昨日午後に行われたゲネプロの画像を幾つか。
照明、美術が美しい。
 
 
 
 
 
今日の公演は14時開演。
みなさま、どうぞお運びください。
 
posted by 小澤和也 at 11:15| Comment(2) | 日記