2014年09月27日

ロッシーニの世界へ

 
 
メゾソプラノの鳥木弥生さんよりご案内を頂戴し、ルナノバ第6回公演/ロッシーニ『チェネレントラ』を観る。
(26日、川口リリア・音楽ホール)
 
La Cenerentola とはいわゆる「シンデレラ」、意地悪な継親や姉たちから虐げられながらも健気に生きる心根のやさしい娘の物語である。
(ちなみに、このオペラでは継母ではなく継父が登場、魔女やカボチャの馬車は出てこない…その代わり、王子の従者や家庭教師がストーリー展開上重要な役割を担う)
タイトルロールはもちろん鳥木さんである。
 
実は…恥ずかしながら僕はロッシーニを食わず嫌いしていた。
レコードを聴いてもスコアを見ても、どうにも引っかかってこないのである。
それだけに、今回の巡り合わせはむしろ「チャンス」になるような、そんな気がしていた。
 
第1幕95分(!)、
チェネレントラが粗末な身なりでかまど番をするシーンから宮殿舞踏会にヴェールを被った謎の淑女(もちろんチェネレントラ)が登場する場面まで、物語は一気呵成に運ばれる。
これは…愉しいぞ!
 
第2幕は60分、むしろあっという間のように感じた。
暗い場面もカラリと、教訓めいた歌もサラリと…そして大団円。
 
鳥木チェネレントラの気品ある美しさに感動!
今井伸昭先生のキレ味鋭くかつ細やかな演出と、それに応える歌手の皆さまのプロ根性に敬服。
ことに継父ドン・マニーフィコ(畠山茂さん)と従者ダンディーニ(増原英也さん)の存在感と「過剰なエネルギー放射」("過剰" という点が重要と思われる)に圧倒された。
 
そしてこの日、僕の耳がいちばん喜んだのは…
服部容子先生のピアノを久しぶりに聴けたこと。
あるときはオーケストラのサウンドを紡ぎ、またあるときはレチタティーヴォのクラヴィーアで歌手と絡み、さらにはプロンプター役まで!
 
カーテンコール。
(この一枚だけ…)
 
観る者にとってロッシーニは "愉しい"。
されど、
演奏する側からすれば間違いなく "キビシイ"。
あらゆるものがピタリと嵌ってないと、面白くもなんともなくなってしまうからだ。
この日、客席で大笑いしながらいろいろなことを考えた。
 
鳥木さん、素敵な公演を、そして貴重な機会をありがとうございました。
 
 
 
 
posted by 小澤和也 at 23:46| Comment(0) | 日記