2014年10月29日

革モノ好きのよろこび

 
 
新しいスマートフォン用にケースを新調した。
今回は革製をセレクト。
赤のステッチがちょっと気に入っている。
 
 
ユニークなのが背面。
革を折り曲げ縫い合わせるような形で、縦に「出っぱり」がしつらえられている。
ここに指を掛けると、本体をよりしっかりと支えられるのだ。
ナイスアイディア!!
 
これから少しずつ、手に馴染んでいくのだろうな。
楽しみである。
 
 
 
posted by 小澤和也 at 22:12| Comment(0) | 日記

2014年10月27日

2つの合唱祭

 
 
立川市民オペラ合唱団の皆さんと市民合唱祭に出演。
(26日、たましんRISURUホール)
 
 
 
曲はドニゼッティ『愛の妙薬』第1幕冒頭のシーン。
山邊聖美さん(アディーナ)、古沢綾乃さん(ジャンネッタ)、そして荒木俊雅さん(ネモリーノ)が彩りを添えてくださった。
 
 
終演後の余韻もそこそこに…移動。
 
 
昨年に続いて同じ日の開催となった江戸川区合唱祭。
(タワーホール船堀)
会場で合唱団あしべの皆さんと無事合流。
 
あしべが今年歌ったのはイギリス民謡…『春の日の花と輝く』『グリーンスリーヴズ』『ロンドンデリーの歌』の3曲。
春の終わり頃より練習を重ねてきた成果がしっかりと表れた、確信に満ちた歌声であった。
 
立川は引き続き、来年3月の本公演へ向けての歌い込み。
あしべは来月から、新しい曲に挑戦だ。
どちらも楽しみである。
 
 
 
 
 
posted by 小澤和也 at 11:22| Comment(0) | 日記

2014年10月24日

女子美音楽部の晴れ舞台

 
 
女子美祭@杉並キャンパス へ。
お目当てはもちろん、
音楽部のミニコンサート。
 
 
 
学生指揮者Sさんの力強いリーダーシップのもと、若々しい声が響く。
 
 
4年生はこの美祭ステージを最後に音楽部を "卒業"。
この日6名で歌ったのは、山口百恵の『さよならの向う側』…実に心憎い選曲である。
 
 
杉並と相模、キャンパスが離ればなれなのはサークル活動にとって大きなハンディキャップだ。
そんな中で懸命に練習を続ける彼らに、心からのエールを送りたい。
 
 
 
 
 
 
 
posted by 小澤和也 at 22:25| Comment(0) | 日記

2014年10月23日

あれから10年


2004年10月23日。
この日、僕はある吹奏楽団との合宿で伊豆へ出掛けていた。
午後の合奏練習を6時少し前に終え、居室に戻ってテレビをつける。
…なにやら様子がおかしい。
音声はなく、画面は薄暗いただの「灰色」であった。
〜新潟・中越をM6.8の大地震が襲った〜
そのことを理解するのに、それほど時間はかからなかった。

あれから10年。

震災の犠牲となった方々やそのご家族、大切な住まいや仕事を失った方々のことを考えると、今なお胸が締め付けられる思いがする。
言葉にできない幾つかの記憶とともに。

あの日を決して忘れまい。
posted by 小澤和也 at 23:22| Comment(0) | 日記

2014年10月16日

演奏会のごあんない

 
 
これから出演するコンサート等のお知らせです。
 
 
§江戸川区合唱祭
(合唱団あしべ)
 
日時…2014年10月26日(日)  16時頃出演予定
会場…タワーホール船堀
曲目…春の日の花と輝く、ロンドンデリーの歌(アイルランド民謡)他
出演…合唱団あしべ、小澤和也(指揮)、浅野正美(ピアノ)
 
 
§立川市民合唱祭
(立川市民オペラ合唱団)
 
日時…2014年10月26日(日)  12時30分出演予定
会場…たましんRISURUホール
曲目…ドニゼッティ/『愛の妙薬』より
出演…立川市民オペラ合唱団、小澤和也(指揮)、清水新(ピアノ)
 
 
§港北区民交響楽団 第55回定期演奏会
 
日時…2015年1月31日(土) 14時開演
会場…みなとみらいホール 大ホール
曲目…チャイコフスキー/交響曲第3番、スラヴ行進曲  モーツァルト/交響曲第35番「ハフナー」
出演…港北区民交響楽団、小澤和也(指揮)
 
 
みなさま、どうぞお運びください。


 
 
 
posted by 小澤和也 at 16:43| Comment(0) | 演奏会情報