2014年10月13日

ご来場御礼

 
 
湘南アマデウス合唱団・合奏団
第16回定期演奏会、
盛会のうちに無事終演。
(12日、藤沢市民会館大ホール)
 
合奏団による「ハフナーセレナード」は会心の出来。
しっとりとした美音を聴かせてくださったコンサートミストレス・矢追美晴さんのヴァイオリン独奏が素晴らしかった。
これほどに幸福感溢れる共演ができたことに感謝。
 
終楽章の出だしはしみじみとしたアダージョ。
この部分へ差し掛かると
(ああ、この時間ももう終わってしまうのだな)と胸が熱くなるのだ。
 
ぜひもう一度手掛けたい、と心から思える作品がまたひとつ増えた。
有難いことである。
 
 
合唱団との合同演奏によるヴェスペレKV321も熱演であった。
(画像はリハーサル風景、指揮は堀部隆二氏)
 
 
ご来場くださいました皆さまに、心より御礼を申し上げます。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
posted by 小澤和也 at 19:35| Comment(0) | 日記