2014年12月28日

後輩たちの歌声

 
 
東京農工大学・女子美術大学混声合唱団
第57回定期演奏会、
開演前のステージリハーサルに立ち会う。
(28日、府中の森芸術劇場ウィーンホール)
 
 
 
ウィーンホール。
いつもながらほんとうに響きがよい。
 
 
第1ステージ。
田中達也『朝の交響』
学生指揮者N君、よかったよ!
 
続く第2ステージは
Chilcott『A Little Jazz Mass』
1曲目を通した後、サウンドのバランス等を指揮の高嶋邦幸先生と確認、楽器のレイアウトを変更。
 
 
はじめ上手寄りにあったドラムス&ベースはこの位置へ。
 
 
インストゥルメントとコーラスの
新鮮なコラボが心地よい。
 
 
そしてメインの第3ステージへ。
信長貴富『初心のうた』
 
 
アンコール曲では高嶋先生のソロも。
 
今年は部員数が増え、響きの厚みに加え安定感がぐっと増した気がする。
この日は指導者の立場というよりは、一人の先輩、OBとして彼らの歌声をゆっくりと味わった。
 
リハーサルが終わったところで、今年もやむなく中座。
演奏会本番も会心の出来映えだったと聞く。
合唱団のみんな、お疲れさま!
そして、おめでとう。
 
 
 
 
posted by 小澤和也 at 22:17| Comment(0) | 日記