2015年02月27日

ペンケース

 
 
新しいペンケースをゲット。
 
そのトリッキーなフォルムに
ひと目で惹かれてしまった。
 
 
実は…マチ無し。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
posted by 小澤和也 at 23:10| Comment(0) | 日記

2015年02月24日

助演初稽古

 
立川市民オペラ公演『愛の妙薬』、
本日より助演のみなさんが稽古に参加。
 
ベルコーレ軍曹と兵隊たち。
 
「なんと!
明日の午前には発たなければ…」
 
アディーナ木下さんと
ベルコーレ大川さん。
 
アディーナ木下さんと
ジャンネッタ鈴木さん。
 
こちらはインチキ薬売りのドゥルカマーラ
(写真中央・東原さん)とその部下たち。
 
「さあさあ、こちらが
偉大な医者で博識のドゥルカマーラ博士…」
 
みなさん早くもノリノリ。
合唱団とのコラボがほんとうに楽しみだ。
 
副指揮・碇山さんもこの日初タクト。
 
立川市民オペラ公演『愛の妙薬』
3月14&15日(いずれも14時開演)、
たましんRISURUホールにて。
 
みなさまどうぞお運びください。
 
posted by 小澤和也 at 23:12| Comment(0) | 日記

2015年02月18日

札響のシベリウス


 
札幌交響楽団 東京公演2015を聴く。
(17日、サントリーホール)
 
演目はシベリウス生誕150年の交響曲ツィクルスより、第5・第6・第7の3曲。
指揮は音楽監督の尾高忠明さん。
 
最初に演奏されたのは交響曲第5番。
この作品が1曲目にくるというのは珍しいのではないだろうか。
慎重に、手堅く進む音楽。
第1楽章のコーダや全曲の結びには、程よい抑制と巧みなコントロールが効いていたと思う。
ただしそのぶん、祝祭的雰囲気や解放感はやや薄かったかも。
第1楽章、前半のMolto moderatoからスケルツォ部Allegro moderatoへと繋がってゆく長い移行部、そしてこれと対応するフィナーレ、細かな刻みが次第に幅広い楽想に取って代わられる箇所がともに見事だった。
 
続く第6番は僕の愛してやまない作品。
第1楽章冒頭をはじめこの曲の多くを占める弱音部での高弦の艶やかさ、木管の音色のブレンドの美しさにこの楽団の美質を聴く。
後半の2つの楽章で時折、陶酔を破る刺激的な響きが生じていたのがちょっと残念。
これはあくまで私見だけれど、マエストロの示すテンポとオケの進もうとするそれとの間に、ほんの少しのズレを覚えるスリリングな一瞬も…実演ならではのせめぎ合いであろうか。
 
そしていよいよ、ツィクルスの最後を飾る第7交響曲。
ところが…
始まってすぐに客席から断続的に鈴の音が。
これで集中を削がれてしまった自分が情けない。
そして最後の音が消えぬうちの嬌声&無粋な拍手、これも悲しかった。
演奏はがっちりとした楷書体のスタイル。
あまりに説明的という声もありそうだが、僕は大いに楽しんだ。
 
アンコールは「アンダンテ・フェスティーヴォ」。
そしてオーケストラへ、さらにはこの公演で音楽監督を退かれる尾高さんへの鳴り止まぬ(こちらは本物の)あたたかい拍手。
 
素晴らしい演奏会だった。
 
 
 
 
posted by 小澤和也 at 23:59| Comment(0) | 日記

2015年02月17日

そば屋さんの暗号

 
日曜日の仕事前。
移動途中の乗換えついでに駅そば店に立ち寄る。
食べたのはミニカツ丼セット。
 
店員さん『そばとうどん、どちらになさいますか?』
僕「そばでお願いします」
店員さん『温かいおそばでよろしいですか?』
僕「はい」
 
 
出された料理と一緒に食券が戻ってきた。
そこに赤ボールペンで書かれていた
"14おそ" 
の文字にふと目がゆく。
 
食べながらさっそく考えた。
("14" はきっと席番号だな)
("おそ" って何だ?おそばのことかな?
…だったら "そ" だけでいいはずだよなあ)
 
何となくスッキリしないまま食べ終わり、かけそばのつゆを飲んでいるとき…
ひらめいた!
(温かいおそば=おんそば="おそ")
そうだ!
きっとそうに違いない!
 
さりとて真相(?)を店員さんに訊くのもはばかられ、そのまま店を出た。
 
次に寄った時には
ミニカツ丼+冷やしうどん でオーダーしてみようか。
 
 
 
 
 
 
 
 
posted by 小澤和也 at 00:30| Comment(0) | 日記

2015年02月15日

ブノワ (32) : オラトリオ『スヘルデ』[2]

 
(アルテヴェルデの霊魂のアリア)
 
【第2部・前半】
ここでの登場人物は非常に多岐にわたり、しかもそれらのほとんどが史実に基づいたものである。
よって、第2部のテキストを理解するには、フランデレンの歴史を知ることが大前提となるのだ。
 
12-13世紀頃、フランデレンの地は自治都市の集まりであり、商業・貿易の要として大いに栄えた。
これを狙ったのがフランスである。
1297年、フランデレン伯領はフランスに併合される。
しかしその後、民衆が蜂起しフランス軍を追い出した。[1302年、金拍車の戦い]
このとき戦ったとされる『獅子爪党(フランデレン側)』と『百合党(フランス側)』、そして蜂起のリーダー『ニコラス・ザネキン』の霊魂がまず登場する。
2つの党は男声合唱で、ザネキンの霊魂はバスで歌われる。
 
詩人
「おお、美しいスヘルデの流れよ、
おまえは私の心の中に高潔な
我らの英雄たちの姿を呼び起こす
霊たちの行列がそこに現れる、
おまえの岸に、靄のように etc.」
獅子爪党
「もしスヘルデに自由がないのならば
墓の中より我らは叫ぶ、
"フランデレンの獅子!" と」
百合党
「我らはあいつらを滅ぼす、
野を駆ける者たちすべてを」
ザネキンの霊魂
「自由よ、
おまえは民を奮い立たせるだろう、
我らの種族は暴力を許さない!etc.」
百合党
「獅子爪よ、
もしお前たちが立ち向かうならば
我らはお前たちを怯えさせてやる」
フランデレンの人々
「フランデレンの獅子!
我らは決して奴隷にはならない!」
 
次いでフランデレンの政治家『ヤコブ・ファン・アルテヴェルデ』の霊魂が現れる。
彼はフランデレンの利権を巡りイギリス・フランス間で生じた百年戦争(1339-1453年)の時代における自治都市連合の指導者であった。
 
ここで彼(バリトン)の歌うアリアは全曲中の白眉といっても良いだろう。
(ただしテキストはやはり今ひとつ詩情に乏しい…)
「私は死の覆いを脱ぎ捨てる
フランデレンは生命の証を再び与えるのだ!
人々は墓より立ち上がるー
彼らは敬虔な種族であり、
法を守り、
平和の中に活力を求め、
そして交易をより尊ぶ
武人のように争うのではなく!」
 
フランデレンの人々
「自由!交易!
フランデレンの獅子!」
百合党
「我らは死んでゆく…
暗い墓よ、
我らの悲しみを和らげよ!」
 
ここで音楽は変わり、第1部で登場した二人の恋人のシーンとなる。
そして、自由を勝ち取るためのフランデレンのさらなる戦いの場面へと…
 
この続きは改めて。
 
(つづく)
 
posted by 小澤和也 at 01:04| Comment(0) | 音楽雑記帳