2015年04月14日

歌舞伎見物

 
 
銀座で歌舞伎を観る。
学生の頃に一二度出掛けた気がするのだが、ほとんど憶えていない。
新しい歌舞伎座はもちろん初めてだ。
 
四月大歌舞伎は「四代目 中村鴈治郎襲名披露公演」である。
家紋の入った祝い幕。
 
 
演目は
一、碁盤太平記 山科閑居の場
二、六歌仙容彩(すがたのいろどり)
三、廓文章 吉田屋
 
「碁盤太平記」は、身内にすら本心を隠し通しながら仇討ちの機を窺う大石内蔵助の秘めた苦悩を描く。
中村扇雀さんの内蔵助が圧巻。
 
「六歌仙〜」では、小野小町を中心に古今和歌集の世界を彩る歌人たちの恋のやり取りがコミカルに描かれる。
装束や持ち物が次々と変わりつつ舞い進む変化舞踊が楽しい。
 
 
 
「吉田屋」は上方和事の代表作なのだそうだ。
和事とは、男女の恋愛・情事の演出様式のこと。
鴈治郎さんの藤屋伊左衛門、彼をあたたかく見守る吉田屋の主人・喜左衛門を演じた松本幸四郎さん、大御所・坂田藤十郎さんの太夫・夕霧、皆さんお見事。
劇中、伊左衛門と喜左衛門の会話の場面、幸四郎さんの巧みな運びでいつの間にか鴈治郎さんの襲名口上が始まったのも粋な演出。
 
 
…と、役者さんの素晴らしさはもちろんなのだが、僕がすっかり魅了されたのが音楽(囃子)である。
各場面ごとに囃子方・唄方があれほど重層的に活躍するとは思ってもいなかった。
それはあたかも、西洋音楽でいうところの「複合唱編成」だ。
また、役者さんの台詞と唄方との絶妙な掛け合いは受難曲における福音史家の詠唱を聴いているかのよう。
歴史や進化の過程は違えど、オペラやオラトリオと同じ「仕組み」なのだなと改めて感じた。
 
歌舞伎、面白い!
 
 
 
 
 
posted by 小澤和也 at 23:57| Comment(0) | 日記

2015年04月13日

雑感 ベートーヴェン第2

 
湘南アマデウス合奏団とのプローべへ。
この日のメインはベートーヴェンの第2交響曲。
9曲ある彼の交響曲のなかで最も地味な存在とも言われるが、僕の大好きな作品である。
 
この曲を初めて聴いたのは中学生の頃だ。
FMの生中継で放送されたベーム&ウィーンフィルの来日公演…プログラムは第2と第7だった。
この2曲、僕はいっぺんで好きになった記憶があある。
 
第2といえば、吉田秀和さんがその著書「LP300選」の中でこの曲について触れているのを思い出す。
(現在は「名曲300選」というタイトルに変わっている)
『ベートーヴェンの、覇気満々たる若さと、それをしっかり統御している技術的完璧さとの両面を遺憾なく発揮している名曲だと思う。』
吉田さんはこのように記している。
氏のセレクトした古今東西の名曲300(+α)曲の中にこの第2が入っているというところに、並々ならぬ愛着を感じるものだ。
 
…そしてこの日。
第4楽章を指揮しながら、僕は同じ頃に作曲されたベートーヴェンの一連のピアノソナタ(第13〜18番)を頭に浮かべていた。
第2交響曲の全体にわたって用いられている強烈なアクセントや大胆なシンコペーション、これでもかと言わんばかりのsf(スフォルツァンド)やsubito p(音量を突然弱める)etc.
これらの頻繁な出現は実験精神に溢れており、さらには鍵盤楽器的な発想をも感じる。
 
彼はその修行時代に様々な作曲家に師事したが、交響曲・弦楽四重奏の父、ハイドンもその一人である。
そして30歳になったベートーヴェンは、満を持して6曲の弦楽四重奏曲セットや第1交響曲を書き上げ、ハイドンと肩を並べる。
そんなベートーヴェンがいよいよ師を「越えて」ゆこうとする強い意識の結実がこの第2交響曲(並びに上述のピアノソナタ)なのだと強く思うのだ。
 
この時期の彼の作品を「過渡的」あるいは「"エロイカ的飛躍"の前段階」といった括りで捉える見方もあるが、僕に言わせればそれは実に狭いし、何よりもったいない。
 
 
 
posted by 小澤和也 at 00:37| Comment(0) | 日記

2015年04月09日

うれしいお言葉

 
 
先日の立川市民オペラ『愛の妙薬』にはたくさんのお客さまにご来場いただきました。
改めまして心より御礼申し上げます。
そのなかで、14日の公演をご覧くださったTさん(高校の先輩)からご感想を頂戴しました。
(Tさんは前回公演『アイーダ』にもお運びくださっています)
 
 
〜立川市民オペラの公演に行ってきました。
今回はオーケストラでなく、ピアノと木管楽器による演奏。こうした演奏形態は初めてなので、どんな感じなのか興味津々でした。聴いてみると、歌自体をたっぷり楽しめて、違った面でオペラを楽しめるという感想を持ちました。
 
ヒロイン・アディーナを歌った木下周子さん、その貫禄たっぷりの自信に満ちた歌は「お嬢様」アディーナ役にぴったり。技巧的な部分も正確にこなし、安定した素晴らしい歌唱だと思いました。
 
そのお相手・ネモリーノ役の大澤一彰さんは、第一声を聴いたとたんそのリリコの美声にびっくり。最初はちょっと安定感が...と思ったのですが、それは最初の部分だけ。「ロマンス」などではその美声に酔いしれました。
 
合唱団は今回も実力発揮。オペラの合唱はコンサートのそれとは異なった楽しみがあると思うのですが、会場に力強く響き渡る合唱がドイツのとあるオペラハウスで聴いた合唱の響きを思い起こさせてくれて、とても嬉しくなりました。
 
ただ、ちょっと違和感を感じたのはレチタティーヴォ。なぜだろうと一生懸命考えました。歌がおかしいのではないよね、やっぱり。チンカラコロンというチェンバロの響きがほしいのかな?レチタティーヴォの伴奏は独特のものがあって、それが不足しているのかな?
いろいろ考えたのですが、もしかしたら、ベースがピアノでかつレチタティーヴォの伴奏もピアノというのは変化がないように感じたのかもしれません。
 
いずれにしても、とても楽しい公演でした。次の機会も楽しみにしております。〜
 
 
合唱団にもお褒めの言葉をいただき光栄です。
Tさん、どうもありがとうございました!
 
 
 
posted by 小澤和也 at 10:11| Comment(0) | 日記

2015年04月05日

Proost︎!!

 
久しぶりのベルギービール。
 
 
トンヘルロ。
(グラスはレフだけれど)
はじめて試したが…スッキリとした美味。
 
 
オルヴァル。
ベルギー最古の修道院ビール。
 
 
パウエル・クヴァック。
馬上でも安定してビールを飲めるようにと考案された木枠とグラス。
 
Proost︎︎!! 乾杯︎
 
posted by 小澤和也 at 00:11| Comment(0) | 日記

2015年04月01日

夜の観桜

 
 
近所の公園にて。
 
 
当地では今まさに満開のとき。
 
 
昼間の桜ももちろん綺麗だが、暗闇の中で周囲の灯にうっすらと照らされた花々にはまた別の趣がある。
 
posted by 小澤和也 at 20:25| Comment(0) | 日記