2015年04月14日

歌舞伎見物

 
 
銀座で歌舞伎を観る。
学生の頃に一二度出掛けた気がするのだが、ほとんど憶えていない。
新しい歌舞伎座はもちろん初めてだ。
 
四月大歌舞伎は「四代目 中村鴈治郎襲名披露公演」である。
家紋の入った祝い幕。
 
 
演目は
一、碁盤太平記 山科閑居の場
二、六歌仙容彩(すがたのいろどり)
三、廓文章 吉田屋
 
「碁盤太平記」は、身内にすら本心を隠し通しながら仇討ちの機を窺う大石内蔵助の秘めた苦悩を描く。
中村扇雀さんの内蔵助が圧巻。
 
「六歌仙〜」では、小野小町を中心に古今和歌集の世界を彩る歌人たちの恋のやり取りがコミカルに描かれる。
装束や持ち物が次々と変わりつつ舞い進む変化舞踊が楽しい。
 
 
 
「吉田屋」は上方和事の代表作なのだそうだ。
和事とは、男女の恋愛・情事の演出様式のこと。
鴈治郎さんの藤屋伊左衛門、彼をあたたかく見守る吉田屋の主人・喜左衛門を演じた松本幸四郎さん、大御所・坂田藤十郎さんの太夫・夕霧、皆さんお見事。
劇中、伊左衛門と喜左衛門の会話の場面、幸四郎さんの巧みな運びでいつの間にか鴈治郎さんの襲名口上が始まったのも粋な演出。
 
 
…と、役者さんの素晴らしさはもちろんなのだが、僕がすっかり魅了されたのが音楽(囃子)である。
各場面ごとに囃子方・唄方があれほど重層的に活躍するとは思ってもいなかった。
それはあたかも、西洋音楽でいうところの「複合唱編成」だ。
また、役者さんの台詞と唄方との絶妙な掛け合いは受難曲における福音史家の詠唱を聴いているかのよう。
歴史や進化の過程は違えど、オペラやオラトリオと同じ「仕組み」なのだなと改めて感じた。
 
歌舞伎、面白い!
 
 
 
 
 
posted by 小澤和也 at 23:57| Comment(0) | 日記