2015年07月13日

ジワジワくるオランダ語参考書

 
 
僕が何冊か持っているいるオランダ語の入門書の中で、場面設定や例文のとびきり面白いものがコレ。
 
たとえば…
 
 
【第1章】
A:あなたは中国人ですか?
B:いいえ。
A:それではインドネシア人ですか?
B:いいえ、私はインドネシア人ではありません。
A:ああ、あなたは日本人ですね。
 
〜内容は如何にも第1章(いわゆるbe動詞を扱う)という感じだが…
オランダの人々から見たアジア人の「距離感」を表したものだろうか。
 
 
【第2章】
A:私達は朝の9時から晩の8時まで働きます。
B:日本人は皆、勤勉ですね。
A:いいえ、何人かの日本人は怠け者です。例えば私です。私はとても怠け者です。
 
〜謙遜なのか、単に自虐的なのか。
 
 
【第4章】
A:お腹がすきました。
B:ここに中華料理屋がありますよ。
A:でも私は5ギルダーしかありません。
B:私がお金を貸してあげますよ。
 
〜あ、ご馳走するワケではないのですね。
 
と思っていると…
 
 
【第12章】
A:ビール2つ、お願いします。
B:そろそろ帰ります。ああ、財布を忘れました。
A:私が払いますよ。
B:すみません。
A:何でもありませんよ。
 
〜よかったヨカッタ。
 
 
【第17章】
A:あなたがそんなに厚い本を4日以内に翻訳するなんて、不可能ですよ。
B:それが不可能でも、やってみなければなりません。
A:日本人は勤勉です。キ◯ガイざたです。
 
〜ここで再び日本人勤勉(?)ネタが登場。
(ちなみに書中では、◯の部分は伏せ字になっていない!)
 
 
とまあ、
読み返すほどにジワジワくる内容なのだ。
 
書名は…ナイショ(笑)
 
(現在は絶版かもしれません。お尋ねくださればコッソリお教えします)
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
posted by 小澤和也 at 23:01| Comment(0) | 日記