2015年08月28日

ケルテスの誕生日に

 
 
1964年ザルツブルク音楽祭での『魔笛』DVDを観る。
 
クメント(タミーノ)、ベリー(パパゲーノ)の声と演技が実に魅力的。
他、パミーナをローレンガー、夜の女王をピータース、etc.
そしてなんと…第1の童子がポップ!
(しかし、童子のコスチュームだけはどうにも気になる。なぜこのような「ミシュ◯ンマンがライ◯ップで結果を出した」ような格好なのだろう?)
 
 
 
それはともかく…
ウィーンフィルと相思相愛だったケルテスの指揮するモーツァルトはほんとうに素晴らしい。
 
 
 
 
 
 
 
posted by 小澤和也 at 23:47| Comment(0) | 日記

2015年08月26日

今夜はパウエル・クワックで

 
 
穏やかな気分で迎えた、49回目の誕生日。
 
音楽の魅力にグイグイと惹き込まれていった10代、逡巡の末に「根拠のない自信」だけを頼りに一歩を踏み出した20代、常に「遅れて来た者」としての自分を意識せざるを得なかった30代…そしてただ前進することのみを考えてきた40代。
さまざまな記憶が脳裏をよぎった。
 
これまでと変わらず、かつ一日一日を大切に、音楽とともに生きていこうと思う。
 
「音楽ノート」ともども、今後ともどうぞよろしくお願い申し上げます。
 
2015.8.26.
小澤和也
 
 
今夜はパウエル・クワックで乾杯!:-)
 
posted by 小澤和也 at 22:39| Comment(0) | 日記

2015年08月18日

伝記 ペーテル・ブノワ(9)

 
 
§第5章
[ドイツでのブノワ]
 
いよいよ、留学のときがブノワを待ち受けていた。
行き先はローマ?イタリア?
 
これまで長い間、イタリアの作曲家がヨーロッパ音楽の動向をリードしていた。
イタリアの楽派は全世界で大きな影響を及ぼし、この国の巨匠たちの指導や作品が唯一無二の優れたモデルであるとほぼ無条件に見なされていたのだ。
しかしながら、ドイツ・オーストリアは次第にその束縛から離れ、作曲家たちはドイツ的な形式と内容をもったこの国独自の音楽作品を創造することを目指して努力を続ける。
国内のムーブメントは力を増してゆき、まもなくイタリア楽派はドイツ国内から押し出されることとなった…ドイツは音楽的潮流の先頭に立ったのである。
バッハ、ハイドン、モーツァルト、ベートーヴェンなどの大作曲家たちは、ドイツ音楽の名声を確立するために力を尽くした。
 
ブノワにとって、ドイツは無限大の価値と魅力を有する国であった。
彼はライプツィヒ、ベルリン、ドレスデン、ミュンヘン他、多くの都市を訪ね、偉大な先人たちの作品研究に注力する。
ブリュッセル音楽院長フェティスの勧めによって、ブノワはまずライプツィヒへと旅立った。
短い滞在ではあったが彼はここで新しい音楽の活況をこの目で確かめる…その勢いとは1843年、メンデルスゾーンが音楽院を設立して以来現れ出ていたものであった。
ブノワは1858年の夏をドレスデンで過ごし、その後プラハ、ベルリン、ミュンヘンを訪れる。
この間のブノワは研究だけでなく作曲もし、ある合唱曲をベルリンで演奏する機会を得た。
それは8声(訳注:二重混声四部合唱)で書かれた『アヴェ・マリア』で、大聖堂の合唱隊によって歌われたのだった。
 
「ローマ大賞」受賞によって、ブノワはベルギー王立アカデミーに対して新作を提出する義務を負っていた。
そこで彼は『クリスマス小カンタータ』をもってその責任を果たす。
そしてこの作品もまた、よい印象を聴衆に残した。
 
またこのときブノワは、フランデレンに自国の音楽芸術が存在しないこと、そして外国の音楽が自国のそれを押しのけているという現状についても熟考する。
誰もがみな自国の芸術に温かみを感じ、芸術家たちが民族精神の意をくんで考え、創造するドイツのような国と比べ、状況はなんと対照的であろうか。
ドイツにおいては、全国民が誇りとする輝かしく堅固な音楽の殿堂が高く立ち現れていた…この点、フランデレンではあらゆるものが未だ始まったばかりであった…
 
この問題に関してブノワは長大な論文を書き、『クリスマス小カンタータ』とともにベルギー王立アカデミーへ送る。
この論文(「フランデレンの音楽学校とその未来」とフランス語で記されている)の中で、ブノワは自己の行動指針を述べた。
そして彼は後年、そのプリンシプルを強い熱意と粘り強さとで守り抜き、現実のものとしたのである。
 
(第5章  完)
 
-->
posted by 小澤和也 at 23:51| Comment(0) | 音楽雑記帳

2015年08月17日

ペーテル・ブノワ生誕181年

 
 
今日8月17日は我がペーテル・ブノワの181回目の誕生日である。
 
 
ペーテル・ブノワ(1834-1901)はベルギー、フランデレン地方に生まれた作曲家・指揮者。
その後半生をアントウェルペンでの音楽教育に捧げたため、作曲家としてはほとんど知られていない。
母国ベルギーにおいてですら、彼の作品が取り上げられる機会はそう多くないようだ。
 
ブノワは生涯のうちに幾度となく作風を変え、最後は多分に啓蒙的・国民主義的なスタイルとなった。
(それゆえ、純粋な芸術性や普遍性に乏しいという印象が拭えない)
しかし、そこへ至る以前、特に30歳代初め頃までに書かれた作品はもっと知られてよいと思うのだ。
『宗教曲四部作』(クリスマスカンタータ、荘厳ミサ曲、テ・デウム&レクイエム)、『フルートと管弦楽のための交響詩』、『ピアノと管弦楽のための交響詩』など。
 
レクイエムの総譜。
 
僕がブノワに興味を持つきっかけとなったのが、前記『四部作』中の "Hoogmis"(荘厳ミサ)との出会いである。素朴ながら美しい旋律線と、しばしば現れる絶妙な転調に惹かれた。最大の特徴が大小二群の混声合唱による立体的な響きの造形感。
 
市販されている(おそらくは)唯一の音盤。
(A.ラハバリ指揮 BRTNフィル&合唱団)
 
 
ペーテル・ブノワ研究とその作品演奏、僕のライフワークである。
posted by 小澤和也 at 20:26| Comment(0) | 日記

2015年08月14日

納涼ビアタイム

 
都内某所にてベルギービールをいただく。
まずはいつものChimay Redでスタート。
 
 
お供はこれまた定番のフリッツ、ソラマメとパンチェッタのソテー、
そして野菜のアヒージョ…これが美味!
 
 
調子が出てきたのでお代わり♪
Gouden Carolus Classicでほろ酔いに。
 
 
ごちそうさまでした!
posted by 小澤和也 at 23:39| Comment(0) | 日記