2015年10月30日

「歌いたい」スイッチ

 
ご縁があって、とある混声合唱団に数ヶ月前から加わりモーツァルト/レクイエムを歌っている。
何年ぶりだろう…とても楽しい!
おかしな表現だが、指揮者になる前、趣味でコーラスをやっていたときよりも楽しいかもしれない。
 
話は突然飛んで…
明け方に見た夢のこと。
場面は音楽大学の大学院。
僕はなぜかチェロを専攻している。
そしてちょうど、弦楽四重奏科への編入試験を受け(そのようなクラスが実際にあるのかどうかは知らないが)、結果の発表をワクワクしながら待っている…
というところで目が覚めたのだった。
なんでまた、こんな夢を見たのだろう?
 
さっき、部屋でスコアを読んでいてふと思いついた。
《自分、いまモーレツに "歌いたい" "奏でたい" スイッチが入ってるんじゃないかしら》
確かに、指揮者は自分で音を出さない(&出せない)もの。
僕は声楽は修めていないけれど、たまには歌う側に立つのもいいかな…
そんなことを考えた。
 
そのモーツァルト/レクイエム、
明日がゲネプロ、週明けには本番だ。
佳い時間にしたい。
 
 
 
 
 
 
posted by 小澤和也 at 23:31| Comment(0) | 日記

2015年10月27日

瀧廉太郎の『月』

 
今夜は満月。
 
買い物の帰り、雲間に見え隠れする月を見上げながら、瀧廉太郎の『月』の旋律をふと思い出していた。
 
組歌「四季」の中の第3曲。
明治33年(廉太郎21歳)作曲、同年11月に出版。
作歌(作詞)も瀧廉太郎自身による。
(余談だが、誰もが知っている『花』《春のうらゝの隅田川...》はこの組歌の第1曲にあたる)
 
のちに山田耕筰が独唱歌曲として編曲した『秋の月』が有名だが、僕が好きなのはオリジナルの無伴奏混声四部合唱のヴァージョンだ。
 
『月』
 
山田耕筰編曲『秋の月』
 
オリジナルはハ短調、一方の『秋の月』では半音下げてロ短調を採っているのが興味深い。
(僕の中ではロ短調のほうがより「人間の情に迫り来る」調性に思える)
山田耕筰が加えたピアノ伴奏も、聴くものの琴線により働きかけるものとなっている。
それに対しオリジナルの『月』では、淡々と静やかに、うっすらと蒼白い光そのものが描かれているようだ。
そして…
楽曲のラストに大きな違いがやってくる。
廉太郎のオリジナルでは、最後の和音が同主調の長調=ハ長調で終わるのだ。
対して山田耕筰はこの部分を主調=ロ短調のままで結ぶ。
 
 
これは単に様式の差異でもあろうし好みはそれぞれであろうから、どちらが正しいor正しくないという話ではもちろんない。
ただ…
廉太郎は長調で結んだのである。
 
 
瀧廉太郎、月、とくると必然的に『荒城の月』が連想されてしまうわけだが、こちらの『月』も響きの美しさでは負けていない。
(詩はさすがに土井晩翠のもののほうが格が上だろうけれども...)
 
 
『月』    作歌:瀧廉太郎
 
ひかりはいつも かはらぬものを
ことさらあきの 月のかげは
などか人に ものを思はする
などかひとに ものを思はする
あゝなくむしも おなじこゝろか
あゝなく虫も おなじこゝろか
こゑのかなしき
 
 
 
 
 
 
 
posted by 小澤和也 at 23:58| Comment(0) | 日記

2015年10月23日

ラ・ボエーム本格始動

 
 
立川市民オペラ公演『ラ・ボエーム』、
合唱団はこの春から音楽稽古をスタート。
いよいよ今月より立ち稽古も始まりました。
 
 
 
以下、公演の概略です。
 
【プッチーニ/歌劇「ラ・ボエーム」】

日時:2016年3月12日(土)、13日(日)
会場:たましんRISURUホール(立川市市民会館)大ホール
指揮:古谷誠一
演出:澤田康子
合唱:立川市民オペラ合唱団  
合唱指揮:小澤和也
 
主なキャスト:
ミミ……………宮澤 尚子、佐田山 千恵
ロドルフォ……大澤 一彰、笛田 博昭
ムゼッタ………保科 瑠衣、別府 美沙子
マルチェッロ…岡 昭宏、須藤 慎吾
 
 
みなさま、ぜひおはこびください。
 
posted by 小澤和也 at 23:53| Comment(0) | 演奏会情報

2015年10月20日

15回目の合唱祭

 
 
 
第37回 江戸川区合唱祭に参加。
(18日、船堀タワーホール)
 
合唱団あしべ、今年はオリジナルの合唱作品に取り組んだ。
 
§花のかず/木下牧子
§だれも いそがない村/信長貴富
§うたをうたうのはわすれても/津田元
 
いずれも岸田衿子の詩による作品。
しっとりと柔らかく、ときに読む者を不思議な空間へと誘うような岸田さんのことばを共通の軸とし、結果的に作曲家の個性が際立つかたちとなった今回の選曲。
会場のお客さまにも楽しんでいただけたのではないかと思う。
 
「うたをうたうのはわすれても」は、無伴奏混声四部合唱がオリジナルであったものを、津田さんにお願いしてあしべのために女声二部とピアノのために編んでいただいたもので、この日が初演となった。
 
 
年明け早々から練習を重ね、大切に歌い込んできた歌たち。
いつものことではあるが、ステージでの本番はそれに比べれば一瞬のできごとである。
終わってみれば...
今回はとにかく曲との相性が良かった気がする。
とても充実した10分間のステージであった。
あしべのみなさんの達成感に満ち溢れたお顔を見ることができ、僕も幸せな気分に。
合唱祭終演後、みなさんと交わした祝杯の美味しかったこと!
 
思えば今年、合唱団あしべにとってひとつの大きな出来事が。
30年の長きにわたってあしべを支えてくださった浅野先生に代わり、この7月から新たに平岡祐子先生をピアニストとしてお迎えしたのだ。
よって、この日は平岡先生との記念すべき初共演ということに。
僕はといえば...数えてみたらあしべとの15回目の合唱祭であった。
(いつの間に!)というのが実感である。
 
あしべと僕との「うたの旅」、
まだまだこれから続いてゆく。
 
 
 
 
 
posted by 小澤和也 at 00:07| Comment(0) | 日記

2015年10月17日

仲間とうたう 大好きな校歌

 
 
第10回 青春かながわ校歌祭に参加。
今年の会場は秦野市文化会館。
明け方まで雨模様だったが、ホール入りの頃には青空に。
 
 
同窓の先輩方・仲間たちによる混声四部合唱、総勢約30名。
声を合わせて、母校の校歌と応援歌をうたう。
 
 
 
終演後の打ち上げパーティの席で、メンバーの皆さんからメッセージカードをいただく。
嬉しさ、そして(校歌祭終わっちゃったな)という淋しさとが相まって、ちょっぴりしんみりとした気分に。
 
 
また来年!
みんなで楽しく歌いたい。
 
 
 
 
 
posted by 小澤和也 at 23:50| Comment(0) | 日記