2016年03月31日

【中期のシューベルト4】ピアノソナタ イ長調

 
ピアノソナタ イ長調 D664
 
 
1819年夏、22歳のシューベルトは友人のバリトン歌手ミヒャエル・フォーグルとともに彼の故郷、上オーストリア州のシュタイヤーを訪れた。
美しい自然に恵まれたこの町の雰囲気は、シューベルトをこの上なく幸せな気分にさせたといわれている。
 
 
同地滞在中に作曲されたこのイ長調ソナタ、第1楽章Allegro moderatoは次のようなカンタービレな主題で始まる。
 
 
息の長いチャーミングな旋律がよどみなく、糸を紡いでゆくかのように生まれ出る、幸福感に溢れた楽章である。
(前に取り上げた嬰ハ短調ピアノソナタでの苦心の跡とは実に対照的だ)
展開部はいたってシンプル。
"無理をしていない" という印象。
 
 
第2楽章はAndanteの変奏曲。
ニ長調でありながらしっとりとした、夢みるような楽想が楽章全体を覆っている。
どことなく翳りを帯びた内声部の "綾" が美しい。
 
 
 
そして第3楽章。
最初の楽章と同様にソナタ形式をとる。
牧歌的な主題は次第に勢いを増し、ワルツにまで発展してゆく。
ここでシューベルトの筆は "有頂天" という言葉が当てはまるがごとく冴えわたっている。
 
 
 
前田昭雄氏はその著書の中で、シューベルト20歳代初め頃の充実ぶりを『若さの「完成」』という言葉で表現しているが、このイ長調ソナタはまさにその典型と呼んで差し支えないであろう。
 
 
【追記】
この曲の作曲年代については、1825年とする説もあるのだそうだ。
(シューベルトはこの年にもシュタイヤーへ赴いている)
 
 
 
posted by 小澤和也 at 22:58| Comment(0) | 音楽雑記帳

2016年03月29日

農工大グリークラブとの時間

 
 
 
今年も始まった、
東京農工大学グリークラブとの濃密な時間。
 
久しぶりに府中キャンパスへ。
正門から本館を仰ぐ。
学生だった頃と変わらぬ、僕の大好きな風景。
 
 
今回は二人の学生指揮者とともに、バラエティに富んだ4つのステージをお届けする。
僕が指揮するのは男声合唱『日本民謡曲集』(清水脩)、そして混声合唱オムニバスステージ『夏の思い出』。
若きメンバー達との音楽創り、楽しみだ。
 
 
§東京農工大学グリークラブ 第36回演奏会
2016年7月3日(日) 15:00開演
東京都立多摩社会教育会館ホール
(立川駅/西国立駅下車)
 
みなさまのご来場をお待ちしております。
 
posted by 小澤和也 at 23:46| Comment(0) | 日記

2016年03月25日

Oさんのこと

 
3月19日。
合唱団団員Oさんの訃報が届く。
あまりのことに...言葉を失った。
Oさんとは『ラ・ボエーム』をつい先日ご一緒したばかり。
亡くなったのは終演四日後のことだと聞いた。
 
 
Oさんは立川市民オペラ合唱団の副団長を務められ、名実ともに団の精神的支柱のような存在でいらっしゃった。
世話好きで誰にでも優しく、いつでも柔和な微笑みを浮かべていらしたOさん。
団のイベント等では必ずといってよいほど仕切り役・司会進行役をなさっておいでだった。
 
 
今回の『ラ・ボエーム』でも給仕役をみずから買って出られ、懸命に動きを練習されていたのが印象的であった。
あれは本番の二週間前頃だったろうか。
立ち稽古の休憩時間に「いやあ...給仕は動くので精一杯、歌なんか歌えませんよ(苦笑)」
などと仰っていたのだが、本公演前日、ゲネプロ終了後には僕の顔を見るなり「先生!だいぶ歌えるようになりました!」と。
あのときのOさんの朗らかな笑顔が脳裡に焼きついて離れない。
 
 
23日夜、最期のお別れに伺う。
遺影の前でこう呟いた。
 
Oさん。
あまりにも突然で、
いまだに信じられません。
心の整理もまったくつかないままです。
Oさん、
この前のCameriere、
最高にカッコ良かったですよ。
そちらでも
楽しく歌っていらっしゃることでしょう。
大好きな音楽に囲まれて
どうぞゆっくりとおやすみください。
ありがとうございました。
さようなら、Oさん。
 
 
 
 
posted by 小澤和也 at 18:10| Comment(0) | 日記

2016年03月21日

東京駅周辺そぞろ歩き、そして懐かしい集い

 
3月20日、春分の日。
横浜での仕事を終え、東京まで戻り遅めの昼食をとる。
夕方からの予定にはまだ時間がたっぷりあるので、駅界隈をぶらぶらすることに。
 
 
丸の内側から有楽町方面へ、落ち着いた珈琲店をなんとなく探しながら歩くも...成果なし。
結局そのまま銀座一丁目まで足を伸ばし、ときどき立ち寄る喫茶店でマンデリンをいただく。
 
店を出て、外堀通りをふたたび北上する。
キグナス石油の本社だろうか、看板とマークを発見。
 
 
ああ... "Cygnus" ではなく "Kygnus" と綴るのだったかと今さらながら気づく。
("Cygnus"=はくちょう座)
暇なときはどうでもいいことを思いつくらしい。
ミサ通常文の "Kyrie" と "Agnus (Dei)" とを足して2で割ると "Kygnus" だなあ...
などと頓珍漢な脳内連想。
 
ほどなくして...
福島県のアンテナショップに到着。
 
 
美味しそうな日本酒に一瞬惹かれたが、荷物が重くなるので断念。
代わりにこれまた大好きな "ままどおる" をゲット。
 
そしていよいよ待ち合わせ場所へ。
この日の集まりは大学の合唱サークルの同期会。
男子は7名全員集合、女子も4名参加。
宮崎地鶏のお店で...乾杯!
 
 
積もる話は尽きず。
校庭に埋めたタイムカプセルを掘り起こして開けたような大騒ぎに。
楽しかったね!
みんな元気で...また会おう!
 
 
 
 
 
posted by 小澤和也 at 22:28| Comment(0) | 日記

2016年03月18日

恒例の共演

 
横浜国立大学管弦楽団とのプローべへ。
(17日、常盤台キャンパス)
今年も式典演奏をご一緒する。
 
曲目はエルガー『威風堂々』第1番ほか。
毎年演奏している曲ではあるが、メンバーの皆さんがよい準備をしてくれていたおかげで初回から密度の高い内容となった。
メロディやフレーズ、和音や音色、それらのひとつひとつに方向性を与えることにより「表現の香り」が次々と立ち上がってゆく。
オーケストラの反応もなかなか上々だ。
 
今回、スコアを新調した。
振り慣れた作品だけれど、常に何かしら新たな発見がある...それがまた嬉しい。
 
 
 
 
 
posted by 小澤和也 at 01:02| Comment(0) | 日記