2016年03月14日

ご来場御礼

 
 
立川市民オペラ公演2016『ラ・ボエーム』、
二日間の公演を盛会のうちに終えることができました。
 
(舞台稽古風景)
 
昨年の『愛の妙薬』同様、合唱団員一人ひとりにまで魂を吹きこむ澤田康子先生の細やかな演出。
合唱の出番はさほど多くはないものの、音楽と演技がこのうえなく密に寄り添い合うプッチーニの世界。
歌唱とアクションの両立というシンプルにして困難な命題に、合唱団は今回も真摯に取り組みました。
 
(立ち稽古より)
 
この二年間を通して、オペラ合唱団には「歌うため・演ずるための新たな基礎力」が培われたように感じます。
ここをスタートラインとして、次回公演(ビゼー『カルメン』)に向けさらなる飛躍を目指したいと思います。
 
(キャストの皆さんと)
 
ご来場くださいましたみなさまに改めて御礼申し上げます。
これからも立川市民オペラをどうぞよろしくお願いいたします。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
posted by 小澤和也 at 22:47| Comment(0) | 日記