2016年07月15日

テューバ×パーカッション×ピアノ

 
ピアノの平野裕樹子さんにご案内いただいた室内楽のコンサートを聴く。
(千葉市文化センター スタジオ)
 
 
出演は他に
水中豊太郎さん(テューバ)、
野本洋介さん(パーカッション/作曲)。
 
プログラム前半ではやはりヒンデミット/テューバソナタが白眉であった。
全編これリズムの細胞でできているようなこの曲、水中さんの確かなテクニックと美しい音色にただただ惹かれてゆく。
(それにしても...なんとピアニスト泣かせの作品であることよ。特に第3楽章)
 
そして後半。
はじめに演奏されたスパーク/イーナの歌(テューバ&ピアノ)も素晴らしかったが、次いで演奏されたブキティーヌの2曲、「至上の愛の思い出」「無言歌、人もなく、何もなく」が個人的にはとても良かった。
オリジナルはこれもテューバ&ピアノのための作品なのだそうだが、そこへ即興的に絡み、刺さり、纏わりつくような野本さんの打楽器が実にチャーミング!
おそらくは会場の響きや僕のリスニングポイントのせいであろう、ところどころバランスが崩れ不明瞭になる瞬間があったが、それを差し引いても「ボーダーを越えた室内楽の醍醐味」を存分に味わえるものであった。
 
プログラムの最後にはなんと、ビル・エヴァンスのスタンダードナンバー "Peri's Scope" "Waltz for Debby"が!
冴え渡るドラム、ウッドベースを完璧に置き換えたテューバ、そして端正なピアノ(個人的にはもっとハジけてもよいかなと感じたが)...
ビル好きでテューバ好きの僕にとっては、聴いていてニヤニヤが止まらないひとときであった。
 
ご出演の皆さん、お疲れさまでした。
そして平野さん...
どうもありがとうございます!
 
 
 
posted by 小澤和也 at 23:32| Comment(0) | 日記