2018年02月16日

中盤のトラヴィアータ

 
 
立川市民オペラ公演『椿姫』のプローべ、合唱立ち稽古もそろそろ中盤へ。
 
合唱団、動きと所作にリアリティと勢いがついてきた様子。
そのぶん歌に若干の粗さが見られたが、これは必ず通る道だ。
気持ちは没入させつつも、ヴェルディの音楽の持つ “様式美” を大切にしていけたらと思う。
 
 
(稽古風景の画像は合唱指導・宮崎京子先生撮影のものをお借りしています)
 
合唱団員Uさんのデザインによる恒例 “トラヴィアータTシャツ”、今回はパーカーも制作したというのでさっそく購入。
バックスタイルはこんな感じ。
 
 
立川市民オペラ公演2018
ヴェルディ『椿姫』
2018年3月17日(土)/18日(日)
たましんRISURUホール
 
みなさま、どうぞおはこびください。
 
 
 
posted by 小澤和也 at 13:28| Comment(0) | 日記

2018年02月07日

世田谷『ラ・ボエーム』終演

 
せたがや名曲コンサート『ラ・ボエーム』、
盛況のうちに終演。
(4日、昭和女子大学人見記念講堂)
 
同業の友人を介して副指揮者としてのオファーを頂戴したのは昨年12月だった。
(急なお話だな...) などと思いつつ、大好きな演目ということでお引き受けすることに。
こうして新通英洋マエストロ&世田谷フィルとの濃密な2ヶ月間がスタート。
マエストロからは音楽面・技術面で新たな刺戟を受けたばかりでなく、“組織としての” 音楽スタッフの在りようについて多くを学ぶことができた。
 
 
今回も “バンダ隊長” 役を仰せつかった。
第2幕の大詰め、カルティエラタンに現れる帰営の行進の先頭を行くリーダーである。
以前携わったプロダクションではバンダはステージ上を歩いたのだが、今回は客席通路を上手→下手へと大横断!
オーケストラとの時差も相当なものであった...これまた貴重な体験。
 
(第2幕終了直後〜
解放感に溢れた笑顔、笑顔...)
 
キャストの皆さんも素晴らしかった。
「セミステージ形式」と謳った今回の公演だったが、実際には狭いながらも独立したアクティングエリアが設けられた特殊な舞台。
そうした制約の中で、特に男性4名が (稽古中からずっと!) 見せてくださった強力なチームワークは素晴らしかった。
 
 
 
世田谷フィル&区民合唱団の皆さん、公演のご成功おめでとうございます。
これからも音楽のよろこびに溢れた日々を過ごされますように...そしていつかまたご一緒しましょう!
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
posted by 小澤和也 at 01:05| Comment(0) | 日記