2018年12月08日

Es lebe Champager der Eeeeeerste!

 
 
立川市民オペラ公演『こうもり』、
合唱団の立ち稽古がスタート。
 
 
合唱指導の先生方のもと、およそ半年間にわたって磨き上げてきた皆さんの音楽が、演出・直井研二先生による愛情とユーモアに溢れた演技指導と融合してどんな “化学反応” をみせてくれるか、今からとても楽しみだ。
 
 
『こうもり』の合唱ナンバーといえばまず思いつくのが「シャンパンの歌」、別名「ぶどう酒の燃える流れに」。
 
〜王も皇帝も
名誉を愛するけれど
それと同じくらい好きなのが
甘いぶどうの飲みものさ〜 etc.
 
続いて全員で歌われるリフレインの締めが
Es lebe Champagner der Erste!
(シャンパーニュ1世、万歳! )
”シャンパンが一番(the first)!“ にも掛かっている...なんとも粋な言い回し!
 
男女でグループを作り、グラスを持つポーズをとるだけで、合唱団の歌声が豹変する...
すでに化学変化は起きているようだ。
 
 
一昨日のプローべは都合により急遽音楽稽古に変更。
でも、演出プランをひと通り学んだこのタイミングで、改めて楽譜をかっちりと確認しながら歌えたのはかえって良かったかもしれない。
スコアに書かれた強弱やテンポの緩急の指示、あるいは歌詞のほんの一言に、登場人物たちの心の機微が込められているということ。
”声でもって場面を描く”、その領域まで到達したいというのが僕の希望だ。
(歌詞と音符だけでなく) これらのニュアンスまでぜーんぶひっくるめてモノにする、これすなわち暗譜である、と。
 
 
§立川市民オペラ公演2019
喜歌劇『こうもり』
(原語上演・日本語台詞)
2019年3月16日(土) 17:30開演 /17日(日) 14:00開演
たましんRISURUホール
 
 
 
 
 
posted by 小澤和也 at 12:47| Comment(0) | 日記

2018年12月01日

合唱団あしべと『四季の雨』

 
 
金曜日は合唱団あしべのレッスンへ。
かれこれ20年近くご一緒している女声コーラスグループである。
 
秋の本番 (江戸川区合唱祭) を終え、先月から新たに手掛けている唱歌『四季の雨』。
素朴な味わいの旋律、穏やかにそして情感をこめて綴られた詞をもつ美しい歌だ。
 
 
降るとも見えじ、春の雨、
水に輪をかく波なくば、
けぶるとばかり思はせて。
降るとも見えじ、春の雨。
 
 
昨日は練習の合間にふと思いついて、ダーク・ダックス&中澤桂さんの歌う同曲を聴いていただいた。
(スマートフォンとYouTubeに感謝...便利な時代になったものである)
「ダーク・ダックス、ほんとうに優しい歌声ですね」
「とっても素敵ねぇ、中澤先生」etc.
メンバーから歎声があがる。
 
 
 
「ではもう一度歌いましょうか」
すると驚いたことに、皆さんの表情が実にいきいきと変貌しているではないか!
潜在していた表現意欲が目覚めたかのような艶やかな歌声。
まさかこんな “化学反応” が起こるとは!
 
歌い終えて。
「びっくりするほど上手になりましたね!
ライバル意識が芽生えましたか?」
「はい...大いに刺激を受けました」(アルトHさん)
一同爆笑。
ともあれ、とても佳い時間となった。
 
 
ところがこの動画 (原田泰治さんのグラフィックデザインがこれまた美しい)、どういうわけか3番 (をりをりそそぐ秋の雨...) までしか歌われていない。
僕もうっかりそれに気付かずお聞かせしてしまった。
再生が終わってから皆さん顔を見合わせ
「“冬”も聴きたかったわねぇ(笑)」
 
 
その後、4番まで収録されているものをネット上で見つけた。
(同じアレンジだが歌っているのはダーク・ダックスのみ)
先のものよりもテンポがゆったりとしている。
次の機会にはこれをあしべの皆さんに聴いていただこうかな。
 
 
posted by 小澤和也 at 01:31| Comment(0) | 日記