2019年04月03日

パナマ・ゲイシャを飲んでみた!

 
 
その希少性と豊かな味わいによってこの十数年のうちに “最高級銘柄” と呼ばれるようになった「ゲイシャ (Geisha)」。
 
とうとう飲むことができた!
 
行きつけのカフェのマスターから留守電が入っていたのは数日前のこと。
「Sさんのお店 (珈琲豆の仕入れ先) になんとゲイシャがありました。買ってきました...さてどうしましょう⁈」
どうするもこうするもないではないか!
〜その日のうちにカフェへ。
 
 
ゲイシャはエチオピア原産の比較的新しい種なのだそうな。
標高や気候などの制約から栽培が難しいとされ、注目されることもなく数十年が経過。
しかし今世紀に入りパナマで上質な豆が生産されるようになり、以来常に高値で取り引きされる最高級品になったとのこと。
 
 
挽いた豆を少量の湯で蒸らす。
むんとした濃厚な香りが鼻にまとわりつく。
口に含むと、まろやかな果実系の酸味が広がる。
そしてややとろりとした、ハチミツのような後味も。
ただし甘みはほんの微かに感じる程度。
 
あらゆる刺激 (苦みを除いて) が、僕がこれまで飲んだコーヒーのどれよりも強烈、しかしそれらの全てが絶妙なバランスの中にある。
これはぬるめに淹れたほうが絶対に楽しめると感じた。
 
ちなみに豆のお値段は...
Sさんのお店の他の銘柄のおよそ4倍。
(それでもゲイシャの価格設定としてはかなり良心的ではないかしら?)
では他の銘柄の4倍美味しいのか?と問われるとソコはソコで微妙なところだが。
 
 
“普段飲み(?)” にするわけにはなかなかいかないけれど、一度は体験しておいて損はない味だと思う。
 
 
 
 
 
 
posted by 小澤和也 at 23:46| Comment(0) | 日記