2020年04月07日

【私的・珈琲備忘録】マラウイ: ウシンギニ

 
 
いま飲んでいるコーヒーのひとつが
マラウイ: ウシンギニ農園。
豆は艶よく光る深煎りに仕上がっている。
 
 
まずはいつものように
【豆11g、湯温83℃、160cc、蒸らし時間20秒】
で淹れてみた。
 
深煎りならではの香ばしさ、苦み強し。
その奥にかすかな甘みととろみ。
おいしいけれどやや単調な味だ。
 
そのまましばらく時間をおいてみる。
(ちょっと冷めたかな) と思ったところで再び口に含むと...
その瞬間にやわらかなコクと酸味がふわっと広がる。
 
なるほど!
 
それならば、と
【湯温: 82℃】に変えて再度ドリップ。
すると...
苦みの質感はそのままに、まとわりつくような甘みが同時に舌の上へ到達。
 
これはイケる!
 
淹れる際の湯温によって味が結構変わることを改めて学習。
そしてこれは他の豆でも感じることだけれど...
淹れたてのコーヒーを少しだけ冷ますと、最初とはまた違った味わいが楽しめる。
 
 
マラウイ共和国はアフリカ南東部の内陸国。
南北に細長い国土は日本の約1/3の広さ、北部州・中部州・南部州の3つの州に分かれている。
 
 
 
 
 
首都はリロングウェ(=中部州の州都)、経済の中心はブランタイヤ(=南部州の州都)。
そしてウシンギニ農園のあるカタベイ県・ヴィフィヤ高地は北部州に属しており、その州都がマラウイ第3の都市・ムズズである。
(地図上、ピンで示しているのがムズズ)
 
北部州はほぼ高原地帯とのこと。
カタベイ以外でもコーヒー栽培が盛んなのだそうだ。
機会があればそれらの違いも楽しんでみたいな。
posted by 小澤和也 at 09:47| Comment(0) | 日記