2015年05月26日

合唱団あしべの歌声

 
 
中央地域まつり。
合唱団あしべにとって楽しみな発表の場のひとつである。
(24日、東小松川公園)
 
開会セレモニーではいつものように、あしべが舞台前で江戸川区歌を斉唱。
だが…
ここでちょっとしたハプニングが!
区歌はカラオケをバックに歌うのだが、今年はその音源が差し替えられ(アレンジも変更!)、曲間の間奏が変わっています、と開式直前に聞かされたのだ。
これにはびっくり仰天!
急いで音を確認しメンバーに状況説明。
「ここは今まで2小節だったけど4小節増えたからね!」
「こっちは前奏と同じ長さね!」
本番は無事歌えたものの…
冷汗モノであった。
 
セレモニーが終わり、様々な団体の演し物の時間に。
もちろんあしべも出演。
今年は『春の日の花と輝く』『美女と野獣』『愛燦燦』の3曲を歌う。
 
 
 
さて今回のステージ、あしべにとってひとつの大きな節目となる演奏でもあった。
合唱団創立以来、三十余年の長きにわたって伴奏ピアニストを務められた浅野正美先生が今月をもって勇退されたのである。
22日のレッスンが、浅野先生の伴奏で歌う最後の機会となった。
そして ー
この日録音していただいたピアノの音源をバックに「最後の共演」をさせていただいたのだった。
 
浅野先生、長い間ありがとうございました。
 
(一昨年秋の合唱祭にて)
 
 
 
 
 
 
 
posted by 小澤和也 at 01:15| Comment(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。