2016年04月03日

小澤和也 プロフィール

 
東京生まれ。12歳よりテューバを始める。
東京農工大学工学部を卒業後、1997年より東京音楽大学にて指揮を学ぶ。汐澤安彦、広上淳一の両氏に師事。在学中より『ラ・ボエーム』『魔笛』他のオペラ上演においてP.G.モランディ、船橋洋介両氏らの下で研鑽を積む。
 
2000年、神奈川新聞社主催「夢つむぐコンサート」出演、指揮活動をスタート。'01年より新国立劇場においてヴェルディ『ナブッコ』『イル・トロヴァトーレ』、プッチーニ『ラ・ボエーム』『トスカ』他の副指揮、助演を務めている。オペラではこれまでにヴェルディ『アイーダ』『仮面舞踏会』、レハール『メリーウィドウ』、白樫栄子『ある母の物語』などを指揮、いずれも好評を博した。'05年、男声合唱組曲『風に寄せて』(中橋愛生作曲)を委嘱・初演、新しい響きの追究にも取り組んでいる。
 
ベルギー・フランデレンの作曲家、ペーテル・ブノワ Peter Benoit の研究をライフワークとする。'08年「荘厳ミサ "Hoogmis"」日本初演(新潟県長岡市)に際してはピアノリダクションを担当、また合唱指導等にも携わり公演の成功に貢献した。
 
現在、各地のオーケストラ、合唱団等の指揮、指導を行っている。東京農工大学グリークラブ常任指揮者、立川市民オペラ合唱団、合唱団あしべ指揮者。
posted by 小澤和也 at 13:26| Comment(0) | プロフィール
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。