2016年08月18日

ペーテル・ブノワの誕生日に

 
8月17日は我がペーテル・ブノワの誕生日。
その生涯と作品の研究は僕のライフワークである。
上の写真はブノワの記念メダル。
彼のプロフィールとともに "1867-1892" の年号が。
 
メダルの裏面には次のように刻されている。
 
 
 
"25周年の記念祝典
アントウェルペン、フランデレン音楽学校創立
ならびに同校校長就任
1892年6月24日"
 
1867年に学校を設立して以来、ブノワはその後半生をアントウェルペンでの音楽教育に捧げる。
それとともに、彼の作風は次第に国民主義的なものとなっていった。
この時期、歌曲やオラトリオ、カンタータなど多くの声楽曲が書かれたが、それらのテキストにはフランデレン語が選ばれ、さらに作品のテーマもフランデレン史の理解・啓蒙を目的としたものが多くなってゆく。
そのことが結果として、ブノワを国際的な名声から遠ざけることとなったのだった。
 
そんなペーテル・ブノワであるが、荘厳ミサやレクイエムを含む『宗教的四部作』、ロマン派の時代には稀少なフルート協奏曲、フランデレンの古い伝承からインスピレーションを得たというピアノ小品など、多くの魅力的な作品も遺している。
これらの曲が多くの人々に愛される存在となることが僕の願いである。
 
 
 
 
 
 
 
posted by 小澤和也 at 00:23| Comment(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。