2016年09月28日

小金井音楽談話室でのベートーヴェン体験

 
 
第12回 小金井音楽談話室
ヴィルタス・クヮルテット
〜弦楽四重奏の愉しみ:はるかな高みへ、音の旅〜
を聴く。
(26日、宮地楽器ホール 小ホール)
 
演目はすべてベートーヴェン。
第3番ニ長調 op.18-3
第10番変ホ長調 op.74『ハープ』
第14番嬰ハ短調 op.131
の3曲。
実に贅沢なプログラムである。
 
演奏に先立ち、コンサートのディレクターである足立優司さんのお話を伺う。
音楽のみならず、こうして素晴らしい解説を聞くことができるのがこの「談話室」の大きな特徴であり魅力である、と僕は思っている。
 
『第3番』は実にダイナミックな演奏。
個人的にはもう少しハイドン/モーツァルト寄りの音楽をイメージしていたのだけれど (ベートーヴェンがいわゆる「エロイカ的飛躍」を遂げるのはもう少し先である)。
続く『ハープ』は、『アパッショナータ』『ラズモフスキー』『第5交響曲』に代表されるベートーヴェン中期様式の総決算の時期に書かれた、それでいてやや小規模な、愉悦に溢れた作品である。
それだけに「掴みづらい」曲なのだが、この日の演奏はケレン味なく真っ直ぐな、すっと腑に落ちるものであった。
 
そしていよいよ、メインである『嬰ハ短調』だ。
ヴィルタス・クヮルテットの皆さんの凄まじいほどに高められた集中力をもって、第1楽章のフーガが始まる。
奏者と聴衆とを繋ぐ、実に intimate な空間 (これもまた小金井音楽談話室の魅力だ) で展開されてゆく創造の営み。
これはもう、単に「聴く」「味わう」といったレベルのものではなく、まさにひとつの「音楽的体験」であった。
第4楽章の変奏曲には (この時間が永遠に続いてくれたら...) と思える瞬間があり、終楽章アレグロでは「ひとり荒野に決然と立つベートーヴェンの姿」が見えた気がした。
 
演奏終了後にふたたび足立さんのお話、そしてアンコールにバッハのフーガホ長調が演奏された。
聴きながらしばし陶然...
このときの気持ちはとても言葉にできない。
 
僕がそのときに抱いた思いを、その何倍もの説得力をもって足立さんがプログラムノートに書かれている。
お許しを得て、その一部をここに引用させていただこうと思う。
 
(...)ところで嬰ハ短調という調は楽譜の最初に、それ自体十字を二つ重ねたシャープ記号が4つ、対角線が十字にクロスする四角形に配置されます。ベートーヴェンが "ガリツィン四重奏曲" 3曲で追い求めた芸術的な高みを、さらに主体的に追求しようとした第14番の始まりは、非常に印象的なフーガ。この作品が書かれた背景に、バッハの〈平均律クラヴィーア曲集〉第1巻第4番嬰ハ短調、さらに同第2巻第7番ホ長調 (つまり嬰ハ短調と同じシャープ4つの平行長調)、この二つのフーガの存在があった、と考えても何ら不思議はありません。自らが十字架にかけられたかのような厳しさを表出する嬰ハ短調のフーガと、あたかも永遠の救いを待ち望むようなホ長調のフーガ。バッハが描いた、人の内面に果てしなく広がる小宇宙、人間の様々な心の表情は、まさにベートーヴェンの後期弦楽四重奏の世界と相通じるものであり、彼は14番を書くことによって自分なりにそれを表現したのではないかと考えられるのです。(...)
 
 
posted by 小澤和也 at 14:41| Comment(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。