2017年01月08日

雌伏の日々のモーツァルト ふたたび

 
いま手掛けているハ長調交響曲K.338 (旧全集:34番) について感じたことを記しておこうと思い、「雌伏の日々のモーツァルト」という見出しを考えついたのだが...
なんと三年前 (2014/4/18) に同じタイトルでブログを書いていた。
僕はよほどこの時期 (1779-80年) の作品が好きなようである(苦笑)。
 
この交響曲、スコアの第1ページには
「1780年8月29日、ザルツブルク」とある。
おそらくは完成の日付であろう。
彼の雇い主であるコロレド大司教の意向で交響曲やミサ曲を「短く」作曲しなければならなかったこの頃のモーツァルト。
遺された最終形としてはメヌエットを欠く3楽章構成であり、ソナタ形式の第1楽章呈示部には通常あるはずの繰り返しの指示がない。
 
このような状況下においても、モーツァルトの音楽は美しく、決して明るさを失わない。
オーボエ、ファゴット、ホルンに加えてトランペットとティンパニを用いた第1楽章は壮麗な行進曲風の調子で始まり、終始跳びはねるような曲想に溢れている。
同じ楽器編成の第3楽章はこれまた速いテンポの6/8拍子、畳み掛けるような無窮動のフィナーレである。
 
これらと対照的なのが第2楽章アンダンテ・ディ・モルト (後に作曲者自身の手で "アレグレットに近く" と追記された) だ。
弦五部+ファゴットのみで奏でられる極めてintimateな音楽。
さらにこの楽章を特徴付けているのが、二分割されたヴィオラである。
これによってTuttiの響きが、えも言われぬ陰翳を帯びてくる。
 
 
ここからすぐに連想されるのが、三年前の拙ブログでも触れた協奏交響曲変ホ長調 K.364の第2楽章だ。
この時期の彼の心中を表す象徴的な響きであったのだろうか。
 
 
 
 
posted by 小澤和也 at 23:59| Comment(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。