2017年04月12日

宮沢賢治の芸術論

 
NHKテレビの「100分de名著」、宮沢賢治スペシャルを観る。
その最終回で紹介された『農民芸術概論綱要』の中の文章がにわかに僕の心をとらえた。
 
1926年春、29歳の賢治はそれまで就いていた教員の職を辞し自給自足の生活をスタートさせ、同年夏に私塾を開く。(羅須地人協会)
そこでは地元農民を対象にした自然科学や語学の講義とともに、レコードコンサートや童話の読み聞かせなども催されたのだとか。
 
賢治は上記の他、自らが提唱する「農民芸術」というものについても講義を行った。
そのテキストとして書かれたのが『農民芸術概論綱要』なのだ。
 
「おれたちはみな農民である ずゐぶん忙がしく仕事もつらい」
という書き出しからも分かるように、この綱要は当時の地元農民を主語とした内容である。
しかしながらこれは、現代のすべての人々にもピタリと当てはまるものなのではないか、と改めて思うのである。
 
この機会に全文を読んだ。
以下、番組で紹介されなかった部分も含め、はたと膝を打った箇所を自由に引用してみよう。
 
 
「世界がぜんたい幸福にならないうちは個人の幸福はありえない」
「われらは世界のまことの幸福を索ねよう  求道すでに道である」
("序論" より)
 
求道すでに道である...
これにまずグッと来た。
 
 
「曾てわれらの師父たちは乏しいながら可成楽しく生きてゐた
そこには芸術も宗教もあった
いまわれらにはただ労働が  生存があるばかりである
宗教は疲れて近代科学に置換され然も科学は冷く暗い
芸術はいまわれらを離れ然もわびしく堕落した」
("農民芸術の興隆" より)
 
現代にもそのまま当てはまるであろう厳しい指摘。
先人たちの時代においては生活と宗教、芸術、科学が一体のものであった、と。
 
 
「いまやわれらは新たに正しき道を行き  われらの美をば創らねばならぬ
芸術をもてあの灰色の労働を燃せ
ここにはわれら不断の潔く楽しい創造がある」
(同前)
 
 
「芸術のための芸術は少年期に現はれ青年期後に潜在する
人生のための芸術は青年期にあり  成年以後に潜在する
芸術としての人生は老年期中に完成する」
("農民芸術の(諸)主義" より)
 
難解だが含蓄に富む。
 
 
「強く正しく生活せよ  苦難を避けず直進せよ」
「なべての悩みをたきぎと燃やし  なべての心を心とせよ
風とゆききし 雲からエネルギーをとれ」
("農民芸術の制作" より)
 
対象は自然の中にある、ということか。
 
 
「われらの前途は輝きながら嶮峻である
嶮峻のその度ごとに四次芸術は巨大と深さとを加へる
詩人は苦痛をも享楽する
永久の未完成これ完成である」
("結論" より)
 
永久の未完成これ完成である...
これも名言だ。
求道すでに道である、の一文とともにひとつの大きな円環をなしているように思われる。
 
 
誰のための、何のための芸術であるか/あるべきか?
音楽に携わる者として、折にふれ考え続けていきたい言葉たちだ。
 
番組中でもうひとつ、『マリヴロンと少女』という短編が取り上げられていた。
こちらもなかなか面白い...
機会があったらこれについても触れてみよう。
 
 
(追記)
先に引用した
「世界がぜんたい幸福に〜」のくだり、どこかで見たことがある文章だなあ、とキーボードを打ちながらしばし考えて...
 
思い出した。
 
 
石巻市立大川小学校の跡地にて。
(2013年11月撮影)
校舎、もしくは施設の壁面に描かれたものだろうか。
(平成13年度卒業制作とある)
 
これを見たときのことは...言葉にならない。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
posted by 小澤和也 at 00:36| Comment(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。