2017年05月12日

中世の響きを味わう

 
 
第13回 小金井音楽談話室
騎士と貴婦人
〜中世イタリアとフランスの宮廷舞曲
を聴く。
(10日、宮地楽器ホール 小ホール)
 
クラヴィシンバルム、中世ゴシックハープ、オルガネット etc.
これらはすべて楽器の名称。
中世音楽にはまったく明るくない僕にとっては (何が聴けるんだろう...?) といった不思議な、そして新鮮な気分で出かけたコンサートである。
 
演奏は古楽のスペシャリスト、西山まりえさんとコリーナ・マルティさん。
開演前のステージに置かれていた楽器たちにまず惹かれる。
 
 
上:ゴシック・ハープ (メムリンク)
下:ゴシック・ハープ (ボッシュ)
 
 
どちらも中世の絵画に描かれていた楽器の姿をもとに復元されたものだそう。
(メムリンク、ボッシュはそれらの画家の名前)
 
 
上:クラヴィシンバルム および
下:その鍵盤部分
 
 
14c末〜15c前半の文献資料により復元された、"チェンバロの祖先" に当たる楽器。
(それまでは16cイタリアのものが最古のチェンバロと言われていたとのこと)
 
 
オルガネット。
ポルタティフ (可搬型)・オルガンで、膝の上に乗せ左腕で "ふいご" を操作しながら右手で鍵盤状のボタンを押すというもの。
 
これらの楽器 (他にリコーダーも) を用い、デュエットで、時に独奏で往時の雅な宮廷舞曲や歌曲の器楽編曲作品が次々と奏でられてゆく。
楽曲はロンドンやファエンツァなどヨーロッパ各地の図書館に所蔵される13〜15cの写本に収められたもの。
楽譜の読み解きにもさぞ途方もない苦労があったことであろう。
 
なんといっても各楽器の音色の美しさに心を奪われた。
聴きながら、あたかも中世にタイムトリップし、その時代の楽士たちの息遣いを間近で味わっているような気分に。
 
終演後、いても立ってもいられず (大げさだがこのときはほんとうにそんな心境だった) ロビーでCDを購入。
(こんなことは滅多にないのだけれど)
 
 
《中世の四季/西山まりえ コリーナ・マルティ》
Oasis Music Factory KCD-2056
 
この日会場で味わった聴体験をずっと思い出させてくれそうな、美しい演奏と録音である。
(一般にはこれからリリースされるそうだ)
 
このような素敵なコンサートを企画され、ご案内くださった小金井音楽談話室ディレクターの足立優司さん...今回もありがとうございました。
 
 
 
 
posted by 小澤和也 at 08:11| Comment(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。