2017年06月28日

久々の『動くケルテス』

 
 
中古ソフト店にて、ハンガリーの名指揮者イシュトヴァン・ケルテスのDVDを入手。
 
バルトーク/管弦楽のための協奏曲
日本フィルハーモニー交響楽団
1968.5.1. @東京厚生年金会館
 
2002年リリースのこのDVD。
その存在は知っていたものの、実物を目にする機会がずっとなかった。
本腰を入れて捜しはじめてから6-7年にはなるだろうか...今回待望のゲット。
 
 
 
半世紀前のライヴ収録だけあって当然ながら白黒&モノーラル。
当時の録音技術、ホールの音響、加えてオーケストラそのものの技量の限界 (特に金管) もあってか実に凄絶な、しかし却って生々しい記録となっている。
 
この映像に見るケルテスの指揮ぶりは、我々が長く愛聴してきた彼のモーツァルトやブラームスなどのレコード録音から得られる印象どおり、わざとらしさやケレンを排した純度の高い音楽表現を志向したものだ。
一方で、棒の "明瞭さ" や "分かりやすさ" にもケルテスは心を砕いているように思える。
【これはあくまで僕の推測だが、手兵のロンドン響やバンベルク響に対してもここまで "楷書体"のタクトを見せるのだろうか...とつい想像してしまう。】
両端楽章におけるテンポや楽想の変化点での鮮やかなバトンテクニック、また第3楽章エレジーではケルテスの情熱的な一面をも見ることができる。
数年前、ベルリンフィルとのザルツブルク音楽祭での共演 (1962年) の録音がリリースされ、ベートーヴェン/第8交響曲やR.シュトラウス/4つの最後の歌とともにバルトーク/同曲の素晴らしい演奏を聴くことができるが、やはりこの『動くケルテス』の魅力は格別だ。
 
 
 
 
 
 
 
posted by 小澤和也 at 23:40| Comment(2) | 日記
この記事へのコメント
ケルテスのDVDはバルトークと同日のベートーヴェン
http://tower.jp/item/786483
1964年ザルツブルク音楽祭の「魔笛」
http://tower.jp/item/2723549
が発売されているようですが、映像が残っていることが貴重ですね。
Posted by りんだ at 2017年06月28日 23:53
りんださん、
コメントをありがとうございます。
(お返事が途轍もなく遅れ大変失礼いたしました)
ザルツブルク「魔笛」リリースを知った際には興奮を覚えたものでした。
オペラ本編よりも、彼の指揮姿の映った序曲ばかりをよく観ています(笑)
Posted by ozawa at 2018年10月23日 21:57
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。