2017年08月25日

"三大交響曲" 考

 

Twitter上で
#自分にとっての三大交響曲
という面白いハッシュタグを見つけた。
皆さん思い思いに好きな作品を挙げていらっしゃる...実に楽しそう。

日本で三大交響曲といえば『運命』『未完成』『新世界』と相場が決まっている...らしい。
これはいつ頃からなのだろう。
(そして現在でも?)
 
 
そこで僕もちょっと考えることにする。
僕にとっての三大交響曲。
とりあえず思いつくものをポンポンと並べてみた。

§ハイドン:104番 (ロンドン)
§モーツァルト:41番 (ジュピター)
§ベートーヴェン:5番 (運命)、9番
§シューマン:2番
§ブルックナー:5番、8番
§ブラームス:4番
§マーラー:6番 (悲劇的)、9番
§シベリウス:6番、7番

できるだけ「一人一曲」を心掛けたのだが...なかなか難しい。


いきなり8名12曲である。
仕方ない...絞り込みに入ろう。
第一次選考は作曲家本位で。

まずはハイドン。
いわゆる「ザロモン交響曲集」だけでなく、彼の中期、特に40番台あたりの作品も実に魅力的なのだが、今回は (次回はあるのか?) 盟友モーツァルトに代表してもらうことにする。
シューマンも個人的には大好きなのだけど、こうして他の作曲家の傑作と並べてみると...
ということで、涙を飲んで篩にかける。

さてここで、自分でもびっくりするような感情が湧き上がるのだ。
ブラームスである。
彼が大作曲家であり、その第4交響曲が名作であることは言うまでもない。
ただ、ここに挙がっている他の作曲家達の、時代を下るとともに際立っていった強烈な個性を思うとき...
(この先はうまく言葉にできない)

この時点で
§モーツァルト (41)
§ベートーヴェン (5、9)
§ブルックナー (5、8)
§マーラー (6、9)
§シベリウス (6、7)
の5名に絞られた。
(シューマン&ブラームスのどちらも切ってしまったことについては、繰り返しになるが自分でも驚いている...今後考えが変わることも大いにあるだろう)


第二次選考は困難を極め...
と思いきや、意外にもあっさりと決まってしまった。
否、正直に書くならば、僕が選んでいたのはいつの間にか
#自分にとっての三大交響曲作曲家
になってしまっていたのだ。

<結果発表>
§ベートーヴェン 交響曲第9番
§ブルックナー 交響曲第8番
§シベリウス 交響曲第6番

ここまできたらベートーヴェンは『第九』を採るしかあるまい。
ブルックナーの2曲については、
「バッハの受難曲、マタイとヨハネどっちがいい?」という問いかけと同じだ。
シベリウスに関しては...全くもって個人的な愛着の度合いで選んだものである。
何しろ、予備知識ゼロで初めて聴いたとき (FM放送、カム指揮ヘルシンキフィルの初来日公演) から大好きになってしまった曲なのだから。

 
<追記>
もし ("五大交響曲" にしてもいいよ) とお許しが出るならば、
§モーツァルト 第41番
§マーラー 第9番

の2曲を加えたい。
posted by 小澤和也 at 00:42| Comment(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。