2017年10月24日

会心の『落葉松』

 
 
 
 
第39回 江戸川区合唱祭、
今年も合唱団あしべの皆さんと参加。
(22日、船堀タワーホール)
 
今回の曲目は
§ 故郷の廃家/W.S.ヘイズ
§ 誰かがちいさなベルをおす/木下牧子
§ 落葉松/小林秀雄
 
"故郷の廃家" は以前TVで美しい二重唱を聴いて以来、いつかあしべの皆さんと手掛けたいと思っていた歌である。
"誰かが〜" はピアノの平岡祐子先生から「こんな曲があるんです...いかがでしょう?」とアドバイスをいただき直感で選んだもの。
 
そして "落葉松"。
これまでにも折にふれて取り上げてきた、いわばあしべにとっての「十八番」だ。
少しずつ合唱団の人数が減ってゆく中でここ数年はチャンスがなかったのだが、作曲家ご自身の書き下ろしによる二部合唱版がリリース (2016年) されたのを知り、「よし、この機会だ!」とこれまた即断即決。
それだけにこの夏、小林先生の訃報をニュースで知った際には、驚きや悲しみとともに不思議な巡り合わせを感じたのだった...あのときの心の揺れ様はいまでも忘れられない。
 
ステージでの声出し、リハーサル室での最終確認と順調に進む。
 
合間にロビーで寛ぐメンバー。
 
 
そしてオンステージ。
 
 
 
作品への深い愛着。
この日まで充分に歌いこんできたという強い確信。
それらに加え、あたかも天から舞い降りて来た祝福に見守られているかの如くに集中力としなやかさとを併せ持った『落葉松』だった。
 
あしべの皆さん、素敵な歌声をありがとう。
これからも佳い歌を楽しくうたっていきましょう。
 
 
 
 
 
 
posted by 小澤和也 at 23:38| Comment(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。