2017年10月26日

ヨハン・シュトラウスの誕生日に

 
 
 
10月25日はワルツ王ヨハン・シュトラウス2世の誕生日。
(1825〜1899.06.03.)
 
生まれてはじめての作曲は6歳のときとのこと。
その後、18歳で自身の楽団を立ち上げデビューを果たしてから亡くなるまでの半世紀あまりの間に、彼はおよそ500のワルツやポルカ、オペレッタや行進曲を書いた。
 
僕はそれらのうちの何曲くらい聴いただろう。
一度きりのものを含めて数えても...100曲程度だろうか。
 
幼い頃、家にボスコフスキーの指揮によるウィンナ・ワルツのレコードがあったことをよく覚えている。
特製の青い樹脂ケースに収められた2枚組のLP、ジャケット表にはヴァイオリンを構えるボスコフスキーの姿。
ネット上を探すと、それらしき画像が出てきた...懐かしい。
 
 
 
ここで仮に、好きなシュトラウスのワルツを一つだけ挙げよと言われたとしたら、僕は迷わず『南国のばら』を選ぶ。
自作のオペレッタ「女王のレースのハンカチーフ」のモティーフを用いてワルツにし、このオペレッタを好んだイタリア国王ウンベルト1世に献呈した作品。
ワルツの各主題は気品を感じさせつつもどこか哀しげである。
序奏部からすでにロマンティックな和声進行に溢れており、和也少年はその最初のクライマックスが "鳥肌が立つほど" 大好きだった。
 
もし3曲まで選ぶことを許されるならば、加えて『皇帝円舞曲』『芸術家の生活』を採るだろう。
『皇帝〜』はいうまでもなく名曲中の名曲。
なんといっても管弦楽のサウンドが素晴らしい。
(ブラームスもこの曲のオーケストレーションを賞賛していたということを最近識った)
序奏部の堂々たる行進曲、上質なビロードの肌触りのような第1ワルツの冒頭、そして第3ワルツ後半、トランペット&トロンボーンによるテーマの高貴な美しさ!
これらすべてがハ長調で奏でられるのだ。
モーツァルト『ジュピター』、ヴァーグナー『マイスタージンガー前奏曲』と並べても引けを取らない "王者の風格" を湛えた響きだと思う。
 
上記の2曲が演奏会用の作品であるのに対し、『芸術家〜』は舞踏会用ワルツである。
『南国〜』『皇帝〜』ほどきらびやかではないが、音楽は豊かにそして真っ直ぐに流れてゆく。
この曲で僕が特に好きなのが、ヴァイオリンが文字どおり "弦をかき鳴らす" ように始まるコーダである。
コーダ部では通例、これまでの主題が回想され最後に第1ワルツが回帰するという流れになるのだが、ここでのシュトラウスの筆の冴えは実に見事である。
構造を大まかに記すならば
 
||: 第3ワルツ(前半) →第5(前半) :|| →第5(後半) →第2(後半) →第3(後半) →第4(後半) →第1ワルツ回帰
 
と、既出の素材のほとんどが巧みに用いられているのだ。
さらにはその調性も、
へ長調→ホ長調→変ホ長調→ニ短調→イ短調→ハ長調
まさに目眩く変化!
 
以下余談...
この曲の原題は "Künstlerleben"。
leben=英語のlife ということで、これまで長く『芸術家の生涯』と呼ばれることが多かったが、日本ヨハン・シュトラウス協会が『〜の生活』と表記を改めたのだそうだ。
 
さらに余談...
正直に告白すると、"好きなシュトラウスのワルツ" 第3位は『天体の音楽』なのだ。
ただしご存じのとおりこれは弟ヨーゼフの作品である。
よってここでは敢えて選外とした。
 
 
こちらは現在の愛聴盤。
(やっぱりボスコフスキー)
 
以前にも書いた記憶があるが、シュトラウスの音楽は僕にとって "母乳のような" ものなのである。
 
posted by 小澤和也 at 02:13| Comment(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。