2018年01月08日

堀口大學展へ

 
美と文学の探索者〜
堀口大學展 (@新潟県立近代美術館) を観る。
 
僕の中で堀口大學とは、なんといっても『月光とピエロ』を書いた詩人であり『月下の一群』を纏めた翻訳家である。
(男声合唱経験のある方ならば必ずや耳にしている名前であろう)
そして恥ずかしながら...
上記が僕の知る大學のすべてであった。
もっと彼を深く識りたい、そう思っていたところでこの企画展のことを知ったのだった。
 
トンネルを抜けると。
越後湯沢を過ぎたあたり。
 
長岡駅からバスに乗る。
信濃川は冬の陽光にきらめいていた。
 
美術館に到着。
 
 
幼年時代のものを含む多くの写真や愛用のネクタイやカフス、作品帳など大學ゆかりの品々が広い館内にゆったりと並ぶ。
 
入ってすぐ、大學の師である与謝野鉄幹・晶子夫妻の筆墨の美しさに思わず見惚れてしまった。
(これら展示物の画像はすべて図録から採ったものです)
 
大學自身の書いた字も、上記作品帳や遺された多くの手紙から見て取れるように、彼の温厚な気質を表すのような穏やかで細やかなものであった。
 
大學の初期の著作のほとんどを飾った版画家・長谷川潔の装画も、その繊細な美が際立っていた。
 
1928年刊行の堀口大學詩集 (第一書房)。
とても豪華な装幀...この画像からは伝わらないけれど。
 
当時における「本を作る/出版する/所有する」といった価値観・感覚は、現在とはまったく異なるものだったのだなと改めて思う。
 
また、大學が収集していた陶磁器や書なども並べられ、彼の「美しきものへのあくなき探究心」を感じ取ることができたのが何よりの収穫であった。
 
大學がサティ『ジュ・トゥ・ヴ』(パコリ詞) の訳詞を手がけていることもこの日初めて知った。
『妾(わたし)はあなたを求める』
という題名に時代を感じる。
 
夕方には東京に戻るという弾丸旅行だったが、静かな充実感と幸福感に満ちた佳い時間であった。
 
 
 
 
 
 
 
posted by 小澤和也 at 22:28| Comment(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。