2018年02月26日

今月の #ダバダー その2

 
 
今月飲んだ珈琲についてのメモ書き。
(前回同様、星の数はあくまで主観的かつ気まぐれな指標である)
 
 
【ルワンダ/ニャルシザ Buf】
ブルボン種100%使用。
ニャルシザ農協の高い精製技術には定評があるのだそう。
Bufは精製所の名称。
口に含んだ瞬間、香ばしさとともにトロッとした柔らかな舌触りを覚える。
後からほのかな酸味と苦味。
これは好きな味だ。
★★★★☆
 
 
 
 
【ハイチ/マールブランシュ】
初めて購入したハイチのコーヒー。
マイスターSさん曰く『当店で最も酸味の強い豆です』。
試飲させていただいたときの爽やかな後味がわが家ではなかなか出せなかった。
近く再挑戦したい。
 
“Mare Blanche” はフランス語で「白い沼 (池) の意。
さらに余談だが、京都の有名な洋菓子店は “Malebranche” と綴る...こちらはフランスの哲学者ニコラス・ドゥ・マルブランシュが店名の由来とか。
★★★☆☆
 
 
 
【ドミニカ/ハラバコア】
ハイチのお隣、ドミニカ。
ハラバコアは “常春” の異名をもつ山間のリゾート地なのだそうだ。
ほのかな甘み、追うように穏やかな酸味。苦みはさらにその奥に。
全体にあっさりとしている。
豆の量を少し多めにしてゆっくりと丁寧に淹れたところ、甘みがぐっと増した印象。
★★★★☆
 
 
 
 
 
 
posted by 小澤和也 at 22:53| Comment(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。