2018年07月13日

メロディスト・バッハ

 
 
18世紀前半、バロック音楽の最円熟期においてポリフォニーの語法を究め尽くしたバッハ。
音楽芸術を「神との対話」と考え、作曲に際して宗教的な視点を終生忘れることのなかったバッハ。
『バッハの音楽は、感覚の表層から深奥にまで届く、限りなくふところの深いものである。それだけに、それを究めてゆくためには、一定の知的な努力は避けて通ることができない。』
(礒山雅著「J.S.バッハ」より)
 
偉大な作曲家だということは解っている、だけれどどうにも近づき難い...
これが一般の方々の抱くバッハのイメージなのではないだろうか。
 
 
先日、とあるきっかけから「マタイ受難曲」の名アリア『憐れみたまえ、わが神よ (Erbarme dich, mein Gott)』を繰り返し聴く機会があった。
聴きながら、その日の僕はこんなことを考えていた。
[もし仮にこの歌詩や対訳を詳しく知らなくとも...聖書に立ち返ってその意味を解さなくとも...純粋にこの “旋律” に触れるだけでこれほどにも心が豊かになるのだな...]
 
そう、バッハは単に「対位法の大家」だっただけではない。
バッハはメロディストでもあったのだ。
(今さらここで力説することでもないけれど)
 
 
そんな今、僕の頭の中を流れる “メロディアスなバッハ作品” たちをランダムに挙げてみる。
 
・カンタータ第82番「われは満ち足れり」
〜『まどろめ、疲れた目よ』
目下 “イチオシ” である。
弦楽合奏と通奏低音によるたおやかな伴奏にのってバス独唱が歌う旋律はさながら子守歌のよう。
テキストも当然ながら深い意味を有するのだが、それを知るのはこのアリアを好きになってからでも遅くない。
 
・管弦楽組曲第3番ニ長調BWV1068
〜エア
言わずと知れた名曲。
僕が最初に好きになったバッハ作品のひとつ。
リヒター指揮のレコード (A面が組曲第2番だった...こちらも名演)、何度聴き返したろうか。
 
以下、タイトルのみ。
・パルティータ第1番変ロ長調BWV825
〜プレリュード
・フルートソナタロ短調BWV1030
〜第1楽章アンダンテ
・フランス組曲第5番ト長調BWV816
〜サラバンド
 
他にもブランデンブルク協奏曲第5番、有名なシャコンヌ (無伴奏ヴァイオリンパルティータ第2番)、平均律クラヴィーア曲集中のいくつかのプレリュードなど。
(これらの作品は多分にポリフォニックな要素も帯びているが)
 
 
こんな「入口」があってもいいと思う。
...バッハの世界へようこそ!
 
 
 
 
 
 
 
 
posted by 小澤和也 at 01:53| Comment(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。