2018年09月12日

コープマンのバッハ

 
 
 
新日本フィルの演奏会 (トン・コープマン・プロジェクト2018) を聴く。
(9/6@トリフォニーホール)
 
プログラムは彼の十八番であるバッハ。
管弦楽組曲とブランデンブルク協奏曲の組み合わせというゴージャスなものである。
 
 
グイグイとオーケストラをドライヴするコープマン。
新日フィルも出だしこそ慎重な構えだったが、次第にマエストロと一体となって “スウィングするバッハ” を奏でていた。
 
プログラム中、飛び抜けて秀逸だったのがブランデンブルク協奏曲第3番。
ヴァイオリン、ヴィオラ&チェロ各3、コントラバス1+コープマンのチェンバロ弾き振り。
オーケストラは各パート1名、チェロを除いて立奏...音楽的にももちろん愉しめたが、それ以上にメンバーお一人お一人の波打つような身体の動きに心底魅せられた。
(この日一番の収穫がコレかも...目で聴くバッハ!)
コープマンの通奏低音も即興の連続。
グリッサンドあり、ノイズのような刺激的な連打ありで実にノリノリ!
同じく協奏曲第1番ではホルンのキラキラとした、それでいて上品な響きを堪能、2曲の管弦楽組曲で大活躍したトランペット&ティンパニも素晴らしかった。
 
アンコールはヘンデル/王宮の花火の音楽〜歓喜 (La Réjouissance)。
当然バッハが演奏されるだろうと思っていた僕は一瞬「!」となったのだが、もしかしたらこの日最初に演奏された組曲第4番の終曲 (これも”Réjouissance” と題されている) とひびき合うように置かれたのかも...
などと思ったり。
 
幸福感に満ちたひと夜であった。
 
(ブランデンブルク協奏曲第3番の1ページ。
こうしてみるとスコアもスウィングしている)
posted by 小澤和也 at 00:22| Comment(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。