2018年10月23日

ご来場御礼

 
 
湘南アマデウス合唱団・合奏団
第20回定期演奏会
大勢のお客様におはこびいただき無事終演。
(10月20日、藤沢市民会館大ホール)
 
2014年の「ハフナーセレナード」以来、4年ぶりの客演であった。
僕が担当した前半のプログラムは
ベートーヴェン/劇音楽『エグモント』序曲
ハイドン/交響曲第82番『熊』
という名曲中の名曲。
特にエグモントは僕にとって特別な作品である。
その名称のとおりにモーツァルト (そしてほぼ同世代のハイドン) の音楽を得意とするアマデウス合奏団の皆さんに、今回はぜひ「ベートーヴェンの響き」を究めてほしい、その一念でプローべを重ねてきた。
そしてその結果は...
客観的評価はもちろん演奏を聴いてくださった方々に委ねるしかないのだけれど、僕は今回の演奏に充分な手応えを感じることができた。
特に内声部 (2ndヴァイオリンとヴィオラ、管楽器だとクラリネットやファゴット、ホルンetc.) はこの5ヶ月でいっそうの飛躍を遂げたと思う。
 
 
 
ハイドン#82ではまず楽器の扱いで大いに悩んだ。
ティンパニと対になる金管楽器のパートについて、作曲家は総譜に「2本のホルン “または” トランペット」と記しているのだ。
(厳密には楽章毎にもう少し細かな指示がなされている)
しかもその音域は、ホルンにしか出せない低音域からトランペットにより相応しい高音域までが求められている。
熟考の末、今回の演奏ではホルン&トランペットを各2本用い、場面に応じ適宜どちらかを省くというスタイルとした。
(その取捨選択には当然ながら私意が入り込んでいる...天国のハイドンがそれを赦してくださることをひたすら願うばかりだ)
 
 
(合奏団リハーサル直前の一コマ)
 
ユーモアと機智に溢れたハイドン中期のこの傑作に対し、アマデウスの皆さんは柔軟かつ真摯に向きあっていらした。
縦横無尽に翔けるヴァイオリン、『熊』のニックネームの由来にも繋がる一見シンプルだが表情豊かな音を奏でる低弦、しばしばsoloisticに浮かび上がる木管群などが絡み合い、実に様々な表情を見せてくださったのだ。
 
2曲とも、技術的には完全とは言えないながらも積極的な表現意欲に満ちた佳い演奏だったと思う。
合奏団はこのあと合唱団とモーツァルト『戴冠ミサ』他を共演 (指揮は合唱団の堀部隆二氏)、文字通り八面六臂の大活躍であった。
合奏団・合唱団の皆さん、お疲れさまでした。
 
(『戴冠ミサ』リハーサル風景)
 
 
そして、ご来場くださいました皆さまに心より御礼申し上げます。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
posted by 小澤和也 at 17:14| Comment(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。