2018年11月16日

「リゴレット」との一週間

 
 
『立ち稽古なんですけれど...
一日だけ代わりをお願いできないでしょうか』
 
同業のTさんからご連絡をいただいたのはとある月曜の夜だった。
「いつですか?」
『来週の火曜日なんです』
 
(ずいぶん急だな...) などと思いながら手帳を開く。
この日はちょうど空いていた。
「曲は何ですか?」
『リゴレットです』
「!!」
 
なんと!
未だ振ったことも勉強したこともない作品だ。
(一週間か...間に合うのか、務まるのか etc.)
頭の中でぐるぐると答えの出るはずもない計算をしつつ、とっさに口をついて出た言葉が
「わかりました。お引き受けしますね」
 
自分でもびっくりした。
でも受けたからにはやらねば...
翌日からひたすらスコアと向き合い、テキストを読む。
とにかく時間が足りない!
これほどまでに我を忘れて楽譜を読み込んだのは実に久しぶり。
 
そもそも譜読みには (ここまで勉強しておけば充分) などという目安はない。
いくらやっても不安は消えないし、理解が深まれば深まるほど新たな疑問も出てくる。
そんな思いを抱きながらも僕の頭に浮かんだのは
(よし、行けるとこまで行ってあとは「その場」で考えよう!)
「吹っ切れた」瞬間だった。
 
そして...あっという間に稽古当日に。
キャストの皆さん、素晴らしかった。
ピアニストさんにも終始、ほんとうに助けていただいた。
初対面の歌手の方々と、瞬間瞬間の息遣いから音楽の方向性を定め、運んでゆく作業。
緊張の中にも「音楽するよろこび」を味わうことのできた、得難い6時間であった。
 
この一週間、一つの作品だけに集中してひたすら読譜するという久々の体験をさせていただいた。
さしあたって一打席のみの代打出場だったが...お役に立てただろうか。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
posted by 小澤和也 at 23:59| Comment(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。