2019年01月13日

『瀬戸の花嫁』小考

 
あまりに唐突だが...
小柳ルミ子の『瀬戸の花嫁』が大好きだ。
(山上路夫作詞/平尾昌晃作曲)
昭和47年のヒット曲である。
 
旋律はもちろんのこと、歌詞もフルコーラス完全に憶えている。
バックの伴奏 (当然ながらあの頃は “打ち込み” なんてものはなかった) も心がこもっていてとても素晴らしい。
海鳥の鳴き声のような効果音、裏メロのヴァイオリン...etc.
 
なかでも特に好きなのが
イントロ〜Aメロ部で毎4拍目に入る「トゥ右矢印2︎ー下矢印2︎ン」というリズム音だ。
もしこの曲を演奏する機会があったら (まずないだろうが)、ぜひこのパートをやりたい!
でも...
何の楽器か分からない(苦笑)
 
そこで「瀬戸の花嫁 4拍目」でインターネット検索してみたところ、
 
...出てきた!
(スゴイぞGoogle!)。
確証はないが、コンガによるムースコール “moose call” という特殊奏法のようだ (直訳すると“ヘラジカの鳴き声”)。
南の島を思わせる、どこか長閑なこの「トゥ右矢印2︎ー下矢印2︎ン」が曲中で実に良い味わいを醸していると感ずるのは僕だけだろうか (だろう)。
 
 
ところで...
この歌のもつ “純粋さ” はどこから来るのだろう?
少し考えて...気づいたことがある。
(勿体ぶって言うほどのことでもないが)
 
メロディの出だしをハ長調のドレミ〜で、拍子もリズムも一切無視して書いてみよう。
 
ミファソ ソラミソ ドレミミレドシ
ラシドドシラソ ファミレレシラソ etc.
 
この調子で1コーラス目の終わりまですべて “全音階” のみで書けるのだ。
(ソ♯やシ♭などの音が一切出てこない...ピアノの白鍵だけですべて弾ける、と言い換えてもよい)
この旋法的な単純さがこの曲の “混じり気のない美しさ” に繋がっているのではないかと感じるのである。
posted by 小澤和也 at 01:38| Comment(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。