2019年04月01日

令和

 

4月1日、
新しい元号が『令和』に決まった。

その出典は万葉集・巻五、
「梅花の歌三十二首」の序文より。
 
〜初春の令月、気淑(うるは)しく風和らぐ。梅は鏡前の粉(こ)に披(ひら)き、蘭は佩後(はいご)の香に薫る。〜
 
[初春のよき月、気は麗らかにして風は穏やかだ。梅は鏡台の前の白粉のような色に花開き、蘭草は腰につける匂袋のあとにただよう香に薫っている。]
 
(岩波文庫「万葉集(二)」より引用)
 
 
はじめ、音と文字だけを見聞きした際には今ひとつぴんと来なかったのだけれど、出典を知りその意味を理解してゆくにつれ (美しい元号だなあ) と率直に思えるようになった。
 
 
こんなことを書くと「今さら何を」と言われそうだが...
実は先々週くらいから、新元号には “和” の文字が入るような気がしてならなかったのだ。
ごく最近、平成の一つ前の元号にも使われていたにもかかわらず、である。
だから『令和』と聞いた瞬間はしばらくドキドキが止まらなかった。
 
 
日常生活の中で僕はもっぱら西暦を用いている。
それでも、「平成◯◯年」といった呼びならわし方をももつ現在の日本の暦のありかたは嫌いではないな。
 
うまく説明できないけれど。
 
 
自分の名前の漢字を (電話などで) 相手に伝える際にはこれまでずっと
「“かず” は...昭和の和です」
と言っていた。
これからは「令和の和です」と得意顔で説明することにしよう。
 
 
 
 
posted by 小澤和也 at 22:54| Comment(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。