2019年04月21日

きせない

 

松下耕さんの『湖国うた紀行』。
琵琶湖周辺の各地に伝わる仕事歌やわらべ歌を素材とした「合唱のためのコンポジション」である。
作品は次の4曲からなる。
 
まゆとり歌 (近江八幡市末広町)
きせない (彦根旧市街)
甲良の子守歌 (犬上郡甲良町長寺)
船おろし歌 (大津市今堅田町)
 
このなかでまず気になったのが「きせない」。
曲中では囃し言葉のように「キセナイ、キセナイ」と繰り返し歌われる。
「きせない」とは何ぞや?
少し調べてみた。
 
 
時は江戸時代、八朔盆に際して幼年〜10代前半くらいの女の子らが着飾って町内を練り歩く夏の行事があったそうな。
 
「(...)日の暮れ方になると、組邸や町の娘子(じょうし)はサッと一風呂浴び、髪をきれいに結い、ビラビラと光る花簪を挿し、コッテリと白粉を白壁のように塗り、首筋に三本の白い足を描き、絽や縮緬のきれいな着物を着飾り(...)、年の順、背丈の順に並び、互いに手を繋ぎ合って、きせないきせない、の唄を合唱し乍ら京都の舞妓の様な風で町を練って歩く。(...)」
(「彦根藩士族の歳時記 高橋敬吉」藤野滋編著 より引用)
 
天のばたばた ばたついてこけて
去(い)んでおっ母さんに 叱られて
ノウヤッサイ きせないきせない
(松下作品 1番の歌詞)
 
「天の “ばたばた”」がずっと分からなかったのだが、複数の資料から “七夕” の転訛であるらしいことが判明...大いに納得。
 
以下、
天の星さま 数えてみれば
九千九つ 八つ七つ
 
彦根よいとこ お城は山に
前の湖水に 竹生島
 
といったふうに5番まで歌詞が選ばれ付曲されているが、本家「きせない」には20以上の歌詞がある。
それらのなかにはかなりキワドイものも見受けられるようだ。
例えば
 
あいつどこん子じゃ 蹴っつらかせ転がせ
槍で突きたや細槍で
(仲間に加えてもらえないからと行列の邪魔を仕掛けるわんぱくな男児たちに向けて歌ったか)
 
彦根袋町 尾のない狐
人をだまして 金をとる
(袋町は現在の河原町1〜2丁目あたりとのこと。明治〜昭和初期まで花街があったそう)
 
この風習は明治の終わり頃 (大正期とする資料も) に途絶えてしまうが、戦後新たにこれを復活させる動きがあり現在に至るとのこと。
 
きせない行列
(彦根市のサイトにあった資料から画像をお借りしました)
 
 
「きせない」という掛け声の語源についてもさまざまな説があるようだが、以下に引用する説明が僕にはいちばんしっくりくる。
 
「きせないの語源については、鬼債無いとか、飢歳無い、鬼斎無いなどもっともらしい字をあてていろいろと論議されているようであるが、こうした民俗的な風習は(...)大抵偶然の機会にできたものが、行事に発展したのが多いようである。
(...)借金を盆に済まして、あとは鬼債が無いとて「きせない」といったとか、天保の大飢饉にこりごりした領民が、飢ゆる年のない様にとて、飢歳無いといったとか説明されてもいるが、結局は大人が後からこじつけた屁理屈ではなかろうか。
歌の意味にもあるように、盆の晴れ着を着て、ばたついてこけて、着ものを汚したら叱られる。もう着せないといわれよう。といったことを純真に子供たちが口ずさんだもので、むつかしい字をあてるより「着せない、着せない」でよいのではなかろうか。(...)」
(「彦根史話」宮田思洋著 より)
 
 
§参考資料 (上記以外)
日本民謡大観 近畿篇 (日本放送協会編)
日本わらべ歌全集 14下 滋賀のわらべ歌 (右田伊佐雄著)
日本のわらべうた 歳時・季節歌編 (尾原昭夫編著)
 
 
この8月11日(日)に行われる
東京農工大学グリークラブ 第39回演奏会
(小金井宮地楽器ホール)
にて、『湖国うた紀行』を演奏します。
 
皆さまぜひお運びください。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
posted by 小澤和也 at 00:20| Comment(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。