2019年07月14日

拙編 ドーデー/アルルの女 (1/2)

 
 
ドーデーの戯曲「アルルの女」を櫻田佐の訳で読む。
(岩波文庫刊)
“農家の青年が都会の女に寄せる熾烈な恋慕、子を思う母の痛ましい愛、可憐な乙女の恋心、老人達の慎ましやかな情熱”(訳者序文より引用)を描いた佳作。
これにビゼーが “流麗な音楽を付して一層の光彩を加えた”(同前)のである。
 
以下、僕自身のための備忘メモを兼ねて各景ごとに要約を試み、ビゼーによる付随音楽 (全27曲) が物語にどのように寄り添っているかをまとめてみようと思う。
ビゼーの音楽が挿入されている箇所に
[♪No.7: パストラール(間奏曲と合唱)]
のように曲番号とタイトルを記す。
 
 
※櫻田訳の文中、主人公フレデリの弟の名前は「ばか」となっている...これではあんまりなので、ここではビゼーのスコアに記されている “L’INNOCENT”(リノサン) という呼称を使うことにした。
(“innocent” とはフランス語で「無垢な人、幼児、世間知らず、うすのろ」のことである)
 
 
 
アルフォンス・ドーデー (Alphonse Daudet)
『アルルの女』L’Arlésienne (1872)
 
 
【主な登場人物】
§フランセ 
(カストゥレの農家の老主人。フレデリの祖父)
§バルタザール
(フランセの農家に長く仕える羊飼いの老人)
§フレデリ
(農家の若主人。フランセの孫)
§ローズ
(フランセの息子の嫁でフレデリ&リノサンの母親)
§マルク
(ローズの兄。船乗り)
§リノサン
(フレデリの弟。白痴)
§ミティフィオ
(馬の番人。アルルの女の情夫)
§ルノーばあさん
(カストゥレの近くに住む老婆。バルタザールのかつての恋人)
§ヴィヴェット
(ルノーばあさんの孫娘、ローズは彼女の代母)
 
 
【第1幕】カストゥレの農家
 
[♪No.1: 序曲]
・第1景
豪農の老主人フランセとそこに仕える羊飼いバルタザールが、フレデリの嫁取りについて話をしている。
[♪No.2: メロドラマ(白痴のモティーフ)]
フレデリは3ヶ月前にアルルの街で見初めたある女性にすっかり心奪われているのだ。
 
・第2景
[♪No.3: メロドラマ(白痴のモティーフ)]
リノサンがバルタザールにおとぎ話の続きをねだる。彼は「スガンさんの山羊」の物語を話して聞かせる。『勇ましい山羊は一晩中闘った...そして夜が明け、とうとう山羊は体を横たえ、狼は山羊を食べてしまった』
リノサン『すぐ食べられてしまう方がよかったのに...』
 
・第3景
ヴィヴェットが農場の手伝いのために隣村からやってきた。彼女はフレデリに密かに想いを寄せている。バルタザールは、家族の中にイノサンがいることはその家にとっての守護(おまもり)になる、その子が智慧づいたら家族の星回りが変わるかもしれない、とヴィヴェットに話す。
[♪No.4: メロドラマ(白痴のモティーフ)]
 
・第4景
そこへやってきたローズがヴィヴェットに、フレデリの結婚話が進行中であること、そしてアルルの女の素性を知る彼の伯父マルクをフレデリが馬車で迎えに出かけていることなどを話す...ヴィヴェットは激しく動揺する。
 
・第5景
フレデリが「良い報せ」を持って街から戻ってくる。はしゃぐフレデリ、そして落胆するヴィヴェット。バルタザール『一方が幸福になると片方が不幸になる...これがうき世だ』
 
・第6景
アルルの女とその家族に会ってきたというマルクはフレデリの結婚相手を褒めちぎる。『俺を信用してくれ...父親も母親も娘も...純金だよ、あの家の香甘酒(ラタフィア)のように』
 
・第7景
マルクの猟銃、獲物袋、長靴などを背負って彼の部下である水夫が入ってくる。フランセ、ローズらは祝杯のための麝香葡萄酒(ミュスカ)の準備を始める。
 
・第8景
かわいそうなヴィヴェットの心情を案じつつひとり佇むバルタザール。同時に彼女の祖母で自分がかつて愛したルノーのことを思う。
[♪No.5: 合唱とメロドラマ(ミティフィオのモティーフ)]
そこへ一人の男がやってくる。『旦那はいるかね?』しかし男はフランセとだけ話をしたいと言って中へ入ろうとしない。
 
・第9景
その男ミティフィオはフランセに、フレデリが嫁に取ろうとしている女は二年前からの自分の情婦であること、女からの恋文もここに持っていることを話す。
[♪No.6: メロドラマとフィナーレの合唱〜メロドラマ(ミティフィオのモティーフ)]
驚き戸惑うフランセは孫にこれを見せて女を諦めさせるからと手紙を預かり、ミティフィオは出て行く。
 
・第10景
バルタザール『女は布地のようなものだ。蝋燭の光で選んじゃ駄目だ』
フランセ『ああ、なんて言おうか...』
 
・第11景
喜びの絶頂にいるフレデリにフランセは手紙を見せる。『いけない...コップをお棄て。その酒はお前には毒だ』手紙を読むフレデリ。『ああ!...これは...』彼はは苦しそうに叫ぶと倒れるようにがっくりと座り込む。
[♪No.6: メロドラマとフィナーレの合唱〜フィナーレの合唱]
 
 
【第2幕第1場】カマルグのヴァカレス湖の畔
 
[♪No.7: パストラール(間奏曲と合唱)]
・第1景
マルクが蘆の茂みに隠れて狩の獲物を狙っている。そこへローズとヴィヴェットがフレデリを捜しにやってくる。マルクは彼女らが声を上げたせいで嘴太鶴(フラミンゴ)を逃してしまったと悔しがる。
 
・第2景
フレデリはまだ見つからない。彼の行方を心配する女二人。ローズはヴィヴェットに、失意のフレデリを助けてほしい、お前からあの子へ想いを伝えてほしいと頼む。
 
・第3景
[♪No.8: メロドラマ(白痴のモティーフ)]
リノサンはバルタザールにばかり懐き母親の言うことを聞かない。ローズ『この子は私達よりお前の方が好きなんだね』。バルタザールはローズに、リノサンにもっと愛情を注いでやらなくてはいけない、この子はこの家の守護神(まもりがみ)なのだからと強くたしなめる。
[♪No.9: メロドラマ(白痴のモティーフ)]
ローズはリノサンを抱きしめると、ひとり家へ帰ってゆく。
 
・第4景
リノサンが羊小屋の奥に隠れていたフレデリを見つける。
[♪No.10: メロドラマ(フレデリの苦悩のモティーフ)]
苦しい、いっそ死んでしまいたいと漏らすフレデリに、バルタザールは彼自身の若い頃の苦い恋の思い出を語る。『この恋をしてから何年もたったけど...今でもその話をすると涙が零れるほど、わしはその人を思っているのだ...』
牧童たちの呼び声が遠くから聞こえてくる...日暮れ。
[♪No.11: 合唱]
 
・第5景
アルルの女がミティフィオに宛てた恋文を何度も読み返しては悲嘆にくれるフレデリ。
[♪No.12: メロドラマ(フレデリの苦悩のモティーフ)]
そんな彼のそばへやって来て話しかけるリノサン『読んじゃいけないよ、泣いちまうんだもの』。代わりに面白い話を聞かせてあげる、と「サガンさんの山羊」の物語を話しだす...そのうちにリノサンは眠ってしまう。
[♪No.13: メロドラマ(子守歌)]
 
・第6景
そこへヴィヴェットがやってくる。フレデリの気持ちを自分へ向けさせようと懸命に話しかけるヴィヴェットだったが、フレデリは終始冷たい態度。『俺はお前なんか好きじゃないんだ...どこかへ行っておしまい、その方がいい...放っといてくれ』彼は走り去る。
 
・第7景
泣き崩れるヴィヴェット、驚くリノサン...ローズが駆けつける。そのとき、フレデリの出て行った方角で銃声が響く。不吉な予感に立ちすくむ二人。しかしそれはマルクが獲物に向けて放ったものであった。ローズはある決心を固める。
[♪No.14: メロドラマ]
 
 
(つづく)
posted by 小澤和也 at 12:10| Comment(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。