2019年07月30日

ああ...大人の声っていいなあ

 
津田ゼンガーフェスト 17th Concert を聴く。
(27日 @浜離宮朝日ホール)
 
8年前にはじめて拝聴して以来、ずっとこの合唱団のファンである。
理由は大きく2つ。
まず、指揮の金川先生とメンバーの皆さんとの “音楽を介しての交流” の美しさ。
耳ではもちろんのこと、視覚的にもそれを感じ取ることができるのだ。
もう一点は小介川淳子さんのピアノの素晴らしさ。
歌にぴったりと寄り添いつつ、同時に (指揮とともに) 歌をリードしてゆく...これは “伴奏” という次元をはるかに凌駕していると思う。
 
今回もおおいに楽しませていただいた。
なかでも『立ち止って』(星野富弘/なかにしあかね)、技術的には “易しい” 部類に入るものと思うが、ゼンガーフェストの皆さんは心のこもった歌声でこの作品の柔らかな魅力を客席へと届けていらした。
(この曲、あしべでも歌ってみたいな...)
聴きながらそんなことを考えていた。
 
もう一曲、B.ガルッピ (1706-85) の『詩篇110』も印象に残る。
合唱の澄んだ響きとヴェネツィアの陽光を思わせる曲想とのマッチングが心地よい。
器楽パートは弦楽四重奏+ピアノという独特の編成...これがピアノでなくオルガンであったらば、とは贅沢な物言いだろうか。
 
品格と洗練、そしてある種のゆとりを感じさせる、(ああ...大人の女性の声っていいなあ) と思えるようなコンサートだった。
ご盛会おめでとうございます。
 
 
 
 
 
posted by 小澤和也 at 13:16| Comment(4) | 日記
この記事へのコメント
先日はお忙しい中、津田ゼンガーフェストの演奏会にご来聴下さり、またこのように素晴らしいご感想を頂き、誠にありがとうございました。

毎回、ご多忙のところ駆け付けて下さり、応援して頂き、感謝でいっぱいです。
(小澤先生が、どんな風に聴いて下さったかな?と、そのご感想を頂けるのが、毎回の楽しみ(ハラハラドキドキ)となっています)

幅広い年代の同窓会合唱団ですので、想う気持ちもそれぞれだとは思いますが、同じ学び舎で青春を過ごされたメンバーの皆さんの、土壇場での結束力には、いつも驚かされます。

今回の演奏会も多彩なプログラムで、曲の素晴らしさをお客様にお伝えするには、音楽力も気力も体力も必要でした。
これからもっともっと、魅力ある演奏をしていけるよう、また2年後に小澤先生に聴いて頂けるよう、頑張りたいと思っています。
どうか今後ともよろしくお願いいたします。

本当にありがとうございました。

【追伸】なかにしあかね先生の作品、是非、取り組んで下さいませ!
Posted by 小介川淳子 at 2019年08月03日 20:32
津田ゼンガーフェスト代表の西田優子と申します。小介川淳子先生のご紹介で、読ませていただきました。
 私たちのコンサートにご来聴いただきました上に、こんなに
お褒めいただき、もうびっくりするやら、うれしいやら!
声も表現も子どもっぽいと、いつも言われておりますので、今回はそうだったのかしら?と不思議に思えるぐらいです。
 これから、このお言葉を励みに、一段上の演奏を目指して、新しい曲に取り組んで参ります。本当にありがとうございました。
Posted by 西田 優子(津田ゼンガーフェスト) at 2019年08月04日 00:10
小介川さん、
ブログをご覧くださり、またコメントをお寄せくださりありがとうございました。
終演後お会いできてうれしかったです!
本文でも触れましたがほんとうに理想的なピアノでした...指揮の金川先生がうらやましいです (スミマセン!)
次回もとても楽しみです。

ps「立ち止って」、こんど楽譜買いに行きます(笑)

Posted by ozawa at 2019年08月07日 14:24
西田様
改めましてコンサートのご盛会おめでとうございます。
ブログをご覧くださり、またコメントをお寄せくださりありがとうございます。
ゼンガーフェストの皆さまの歌声 (加えて金川先生、小介川先生との関係性も) は私にとって女声合唱の理想形のひとつとなっております。
多彩な選曲もいつも楽しみです...今回のガルッピ (不覚にも初めて聴く作曲家でした) はほんとうに目 (耳?)から鱗でありました。
ぜひまた伺いたく存じます。
ますますのご発展をお祈りしております。
Posted by ozawa at 2019年08月07日 14:42
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。