2019年10月22日

合唱団あしべの皆さんと

 
第41回 江戸川区合唱祭に
合唱団あしべの皆さんと出演した。
(10月20日、船堀タワーホール 大ホール)
 
今年の曲目は
§ 四季の雨 (文部省唱歌)
§ はたおりむし (新実徳英)
§ いのちの記憶 (二階堂和美)
 
 
昨冬から歌い始めた「四季の雨」。
素朴な味わいの旋律、そして情感のこもった歌詞があしべの声にぴったりではないかしらとずっと思っていた曲である。
 
「(歌の中で) はたおりむしが弾いてた楽器、何だと思われますか?」
レッスン中にこう尋ねたことがあった。
メンバーの意見は「ヴァイオリン」でほぼ一致。
(もちろん僕も)
「ではここの “たーらっららー...” のくだり、ヴァイオリンの節回しみたいに歌ってみましょうか」
その日から歌が急に良くなった。
〜あの瞬間はほんとうにうれしかったなあ...
 
映画『かぐや姫の物語』のエンドロールで流れる「いのちの記憶」も、一聴して (あしべで歌ってみたい!) と直感した歌。
技術的には難しいポイントがいくつもあったが、メンバーの詞への想いの強さがそれらを充分補ってくれていたように思われる。
 
 
ステージを無事終えて、満面の笑顔。
 
あしべ指導陣の貴重な(?)3ショット!
ピアノ平岡祐子さん(左)、ヴォイストレーナー・ソプラノ坂野早苗さん(中央)
 
 
あしべのステージを聴いてくださった別の合唱団の先生からあたたかいお言葉を頂戴した。
打ち上げの席でそのことを伝えると、一斉に「うわぁ!」と歓びの声が上がったのだった。
こうした心の震えと交流が、今後のさらなる励みに繋がるのだろうと確信している。
同時に...
この数ヶ月の努力が報われた瞬間でもあった。
 
 
 
あしべの皆さん、ほんとうにお疲れさまでした、そしておめでとうございます!
次週からまた新しい曲で、楽しく歌いましょう。
posted by 小澤和也 at 19:36| Comment(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。