2010年10月25日

ノリグラフ五線ペン

20101025_1436693.jpg
池袋のヤマハで購入。
「きれいな五線が引ける!」とTwitter上で紹介されていたのを見て、興味本位で予約してみた。
大きさは思っていたよりコンパクトでgood。
(シャープペンシルよりも短い)
キャップを外すと、普通のボールペンの芯が5本並んでいる。
それだけと言えばそれだけ…実にシンプルな構造。


箱の側面には、ドイツ語で "Notenlinienschreiber" とある。
「五線筆記具」か…なるほど、そのまんまだ。
商品名も、これを縮めてこしらえたのだろうか。
Notenlinien→Noli、それにgraphを繋げて…


帰宅して、さっそく試してみた。
定規を当てて、さっと引いてみたが…
ん?4本しか引けない。
確かに、理屈のうえでも、ペン先が高い精度で揃っていなければ五線は引けない。
改めて現物を見るが、やはりそれなりの揃い具合である。
定規を当てたままグリグリと2〜3往復させると…
何とか五線が引けた。
しっかり筆圧をかけてゆっくりと動かせば、上手く書けるようになるかも。
20101025_1436694.jpg

ちなみに、線と線の間隔は約2.5mm。
よって約1cmの幅の五線が引けることが判った。
(僕にはちょうど良い)
ドイツ製、1680円。
高いか安いか…?
まあカタイことを言わなければ、面白いグッズであろう。
posted by 小澤和也 at 02:13| Comment(1) | TrackBack(0) | 日記
この記事へのコメント
突然のメールにて、失礼いたします。はじめまして。岡田芳子と申します。このたび、五線譜とタブ譜が描けるミュージックラインスライダーという音楽定規を開発させて頂きました。類似品をいろいろ調べているうちに、こちらのブログに出会いました。2015年12月より日本の楽器店で販売されます。よろしければ、サイトを覗いてみて下さい。ご活躍をお祈り申し上げます。
Posted by 岡田芳子 at 2015年11月30日 22:35
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/53371325
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック