2011年11月11日

愛聴盤(27)〜ケルテスの戴冠ミサ

§モーツァルト/ミサ曲ハ長調「戴冠ミサ」K.317
 イシュトヴァン・ケルテス指揮ウィーン響、エディット・ガブリー(s)他
 ('61年録音)


この曲の魅力を僕に教えてくれたレコードである。
ケルテスのモーツァルト演奏に触れるたびにいつも感じること…
それは
「作曲家、そして作品に対する絶対的な信頼」だ。

彼の音楽表現には、誇張や過度の演出が無い。
すべてが自然である。
聴き進んでいくうち、逆に
 《ケルテスが天国のモーツァルトから信頼されて、
  これほどまでに美しい表現力を授かった》
のではないかと思うほど。
録音が古くてやや損をしているが、このコンパクトな佳曲を「等身大」で描いたチャーミングな演奏だと思う。

「キリエ」の落ち着きはらった佇まい、
しなやかなリズムを持って進む「グローリア」、
まさに「信条の表出」というに相応しい「クレード」の実直さ…
楽曲への深い愛情と確信がそこにある。

ソプラノ独唱のエディット・ガブリーはケルテス夫人。
「フィガロ」第3幕で伯爵夫人が歌うアリア
Dove sono i bei momenti(あの美しい時はいずこへ)の原型とも言える、
柔和で高貴な「アニュス・デイ」の旋律を歌うエディット、
そこに優しく寄り添うケルテスの姿がなんとも微笑ましい。
posted by 小澤和也 at 00:56| Comment(0) | TrackBack(0) | 愛聴盤
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/53371758
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック