2012年04月29日

改めてベルギーを知る

「ベルギー ヨーロッパが見える国」
という本を読み始めた。
(小川秀樹著・新潮選書)
いや、正確に言えば、数年前に手に入れてざっと読んだままだったものを久しぶりに取り出してきた、ということになるのだけれど…

序章と第1章に、ベルギー地域の歴史が大まかにまとめられている。
それによれば…

§ローマ帝国内でラテン化したケルト族が住んでいたところにゲルマン人(フランク人)が北方から押し寄せ、ベルギー住民の原形が成立する。
…このときに「言語境界線」ができた

§12〜14世紀にはヘント、ブリュッヘを中心に、今のベルギー・フランデレン地域はヨーロッパ商業の中心地となる。

§15世紀にはネーデルラント(現在のベネルクス地域)がまとまって、ブルゴーニュ公国(フランス王国の傍系)の支配下に入る。

§16世紀中葉、当時ハプスブルク家の支配に服していたネーデルラントがスペイン王フェリペ二世の統治下に入る。
フェリペ二世はプロテスタントを迫害、それに対抗して北部七州がネーデルラント連邦共和国として独立する。
(1581年)
…一方、南部諸州(ベルギー地方)はスペイン治下に残る

§18世紀中葉、ベルギー地方はオーストリア領に移る。
(オーストリア継承戦争)

§ナポレオンの時代、「ベルギー合州国」が一時宣言されるも実現せず。
…ネーデルラント地方は南北ともにフランスに併合される

§ナポレオン失脚後、ベルギー地方は今度はネーデルラント王国(オランダ)に組み込まれる。
(1815年、ウィーン会議)

そしてようやく…
1830年にベルギーがオランダから独立するのである。
なんと複雑な、紆余曲折を経た歴史であろうか!

序章と第1章ではさらに、建国後のラテンとゲルマンの対立〜フランス語vsオランダ語〜についても触れている。
(これについては別に書こう)

ここまで読み進めながら、ハッと気付いた。
ベルギー建国史、そして独立後の言語問題…
この二点こそが、わがペーテル・ブノワとその音楽をより深く知るうえで必須のテーマではないか、と。
改めて…
ベルギーという国をちゃんと串刺しにして学ぼうと思う。
posted by 小澤和也 at 23:53| Comment(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。