2012年05月25日

Bohème雑感

夕刻よりボエーム音楽稽古。
今日はキャストもほぼ揃い、充実した内容となった。
ちょっとお疲れのマエストロに代わって、ラスト30分、第4幕のほぼ全編を振る。
スコアとタクトだけを介して、歌手の皆さん、そしてピアニストとコンタクトを取る楽しみ…
嬉しくてたまらないひととき。

ラ・ボエーム…
思えば、10代の頃から大好きだった。
(フレーニ&パヴァロッティのVTRで僕はこの作品にのめり込んだ)
音大で最初に勉強したオペラもこの曲だった。
(副指揮見習い…何て有難い体験だったことか!)

そして今、立場は変われど、こうしてずっとボエームに触れることのできる幸せを改めて感じている。
あまりに素晴らし過ぎる音楽!

いったんはバラバラになった若者達が、瀕死のミミを中心に再び寄り添う。
ムゼッタ、マルチェッロ、コッリーネ、そしてショナール…
みんな、なんていい奴らなんだ!!

プッチーニのオペラ、どれも大好きである
だけど…
ボエームは僕の中で別格だ。
posted by 小澤和也 at 23:48| Comment(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。