2012年05月31日

我は満ち足れり

昨晩、勉強を終えてから、久しぶりにバッハを聴く。
選んだのは、
バスのための独唱カンタータ「われは満ちたれり」だ。

この曲のテーマは「安らかな死」。
イエスに "会えた" ことにより、喜びのうちにこの世に別れを告げる、一人の老人の思いが歌われている。

曲は5つの部分に分かれており、しずしずと進む第1曲と舞曲のように熱気を帯びた終曲(どちらもハ短調)では、独唱とともにオーボエが大活躍する。
それにしても…バッハの音楽におけるオーボエの響きの何という存在感だろう!

しかし、それらにもまして僕の心を激しく震わせるのが、中央に置かれた変ホ長調のアリアだ。
優しい子守歌のようなその旋律。
「まどろめ、疲れた目よ
穏やかに、そして幸せに閉じよ!」
このあとさらに、現世への決別と "かの地" への憧れが歌われるのだが、それらの言葉の力をはるかに越えて、純粋なる「音楽の力」が迫ってくるのだ。
そして…
感動とともに、改めて自分を見つめ直す、そんな気持ちにさせてくれるのである。

僕はこの演奏を、ディートリヒ・フィッシャー=ディースカウの歌う盤で聴いている。
(実は…だからこれを選んだのだ)
深く柔らかな声と、厳しく研ぎ澄まされた美しい言葉との妙なる調和がここにある。

Requiescant in Pace.
posted by 小澤和也 at 10:04| Comment(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。