2012年06月23日

教え子達のアウトプット

専修大学フィルハーモニー管弦楽団のサマーコンサートを聴く。
(22日、@多摩市民館)
 
 
オーケストラはマエストロの棒によく反応していた。
人数の増減による各パート個別の事情はあるにせよ、「一つの合奏体」としての実力はここ数年、確実に上がってきていると思う。
合奏トレーナーとして、これは素直に喜びたい。
 
専フィルのみんな、お疲れさま。
そして、おめでとう!
後期も真剣に、たのしく音楽しよう。
 
 
posted by 小澤和也 at 11:27| Comment(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。