2012年07月31日

意味を問うな、踊れ

 
「挑戦する脳」(茂木健一郎著、集英社新書)を読む。
 
これまでにも度々目にし、耳にしてきた彼の言葉…偶有性、オルタナティヴなどのキーワード。
これらが、日本を取り巻く厳しい現実の時の流れに乗って、ひしひしと胸に迫ってきた。
 
今、自分は何を思い何をなすべきか…
 
そして、心に残った言葉がこれ。
「意味を問うな、踊れ」
 
これからもう一度読み返すところ。
良書に感謝。
posted by 小澤和也 at 23:57| Comment(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。